見出し画像

意識して文章を書くようになったのはいつからですか(文章を書く心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年2月23日 Vol.204 より

●テトラちゃんからの問いかけ

テトラちゃんから、

 「意識して文章を書くようになったのはいつからですか?」

という質問をいただきました。

結城は『数学ガール』や『数学ガールの秘密ノート』を毎日のように書いているので、登場人物の数学ガールたちや「僕」とは、頻繁におしゃべりをしていることになります。先ほどの質問は、あるとき急に高校生のテトラちゃんが言い出したもの。

結城はとっさにうまくは答えられなかったのですが、(少なくとも私自身には)考える価値のある問題のように感じました。

テトラちゃんから問われてすぐに思いついたのは、小学校の「読書感想文」のことでした。記憶をざっと探って見つかった最古の「意識して書いた文章」ですね。

●読書感想文のエピソード

読書感想文の題材は、ジュール・ヴェルヌ『80日間世界一周』でした。翻訳が誰だったかは覚えていません。また感想文の内容もあまり覚えていません。読書感想文の形にはなっていたけれど、ありがちな文章だったと思います。「ここに感動しました。主人公のこんなところにどきどきしました」という具合に。

では、結城がなぜこの文章を思い出したか。どうして「意識して書いた文章」としてこの読書感想文を思い出したのか。その理由は、この感想文を読んだときに言った「教師のひとこと」にありました。国語の先生は、結城少年の作文を読み、よく書けていると喜びました。そして、感想文のある箇所を指して教師はこう言ったのです。

この続きをみるには

この続き: 3,568文字 / 画像1枚

意識して文章を書くようになったのはいつからですか(文章を書く心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。うれしいです!ありがとうございます(^^)
9
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。

こちらでもピックアップされています

父から学んだ「教える」ということ
父から学んだ「教える」ということ
  • 5本

教師だった父の思い出です。父親から「教える」ということを間接的に学んだエピソードをお話しします。