「知ってる」から「できる」へと進めない
見出し画像

「知ってる」から「できる」へと進めない

質問

結城さんへ。

自分は「知っている」ところと「できるようになる」ところとのバランスを取るのが苦手です。

どんなことでも興味があるとすぐに調べるタイプなのですが、その先の段階まで昇華させるのが苦手なのです。

たとえば「結城浩に聞いてみよう」のような「匿名の質問投稿サービスの作り方」がどうなっているか、その概念は説明できます。でも、実際にどうコードを書いてどういう運用になるのかまでは自信がありません

これではどんどんうわべだけの人間になってしまいそうで、自分の将来が不安になります。

どんなふうに思われますか。

結城浩のメールマガジン 2019年10月15日 Vol.394 より

回答

ご質問ありがとうございます。

いただいた質問への回答になっているかどうかわかりませんが、思うところを書きますね。

「できるようになる」ためには、何はともあれ「やってみる」ことしかないと思いますよ。やってみなければ経験になりませんし、やってみなければ自信もつきません。ですから、あなたが言う「調べることの先の段階まで昇華させる」ことの対処方法としては「やってみる」ことしかないでしょう。

ところで、あなたの質問文の中で二点ほど引っかかるところがありました。引っかかるところといってもあなたを批判したいわけではなく、私が関心を持ったところという意味です。

苦手から不安へ至る心理は?

あなたは「知っている」と「できるようになる」のバランスを取るのが「苦手」と表現なさいました。苦手→自信がない→不安この連鎖の背後にはどんな原理があるのかな、と関心を持ったのです。もちろん、苦手なことは誰しも取り組むことに躊躇するものですけれど、そこをもう少し深掘りしたいと思ったのです。

この続きをみるには

この続き: 1,408文字 / 画像1枚

「知ってる」から「できる」へと進めない

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。