見出し画像

不完全な情報から一歩を踏み出す(コミュニケーションのヒント)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

 * * *

こんにちは、結城浩です。

不完全な情報が提示されると、つい「困ったね」と止まってしまいがちなものですね。

よりよい情報を得るための「もう一歩」を踏み出してみる工夫が大切です。

×不完全な情報から踏み出せないでいる例1

上司「現在わかっている問題点は何かな?」
部下A「モジュール1がなぜかビルドできないんです」
部下B「あ、それは解決しました。ヘッダが古かったんですよ」
部下A「ちがうって、試したけど原因はそれじゃなかった」
部下B「変だなあ」
部下A「おかしいなあ」
上司「困ったねえ」
部下A「……」
部下B「……」


×不完全な情報から踏み出せないでいる例2

上司「現在わかっている問題点は何かな?」
部下「今朝、先方からライブラリのリリースが遅れるかもしれないと連絡が入りました」
上司「それは困るな」
部下「……」
上司「遅れては困るんだよ」
部下「……」
上司「困る」
部下「……」

上の例のように上司が《部下と一緒に困ってしまう》という状態では困りますね。

△不完全な情報から、一歩先に進もうとする例1

上司「現在わかっている問題点は何かな?」
部下A「モジュール1がなぜかビルドできないんです」
部下B「あ、それは解決しました。ヘッダが古かったんですよ」
部下A「ちがうって、試したけど原因はそれじゃなかった」
上司「原因はさておき、Aくんのところでビルドできないのは事実?」
部下A「はい」
上司「じゃ、BくんはAくんの環境をみてほしい。そして状況を整理してから再度報告して。明日くらいまでにね」
部下A+B「わかりました」

△不完全な情報から、一歩先に進もうとする例2

上司「現在わかっている問題点は何かな?」
部下「今朝、先方からライブラリのリリースが遅れるかもしれないと連絡が入りました」
上司「それは困るな。どのくらい遅れるか、具体的な日付はあった?」
部下「いえ、いまのところは遅れそうという情報だけです。理由もまだよくわかりません」
上司「わかった。じゃ、遅れる理由と、どのくらい遅れそうなのかを確認してほしい。今日中だな」
部下「わかりました」

こちらでは、上司は少し上の視点から見ています。そして、

 ・事実は何か?原因は何か?
 ・わかっていることは何で、わかっていないことは何か?
 ・あいまいな点をもっと明確にできないか?

などを手がかりに次の一歩を探っていますね。

あなたは、不完全な情報がやってきたときに《困ったな》で終わっていますか。それとも、よりよい情報を得るための「もう一歩」を踏み出していますか。

※Photo by webtreats.
https://www.flickr.com/photos/webtreatsetc/4293531423/

※結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。あなたも購読してみませんか。
http://www.hyuki.com/mm/

※以降に文章はありません。「投げ銭」感謝。

この続きをみるには

この続き: 0文字

不完全な情報から一歩を踏み出す(コミュニケーションのヒント)

結城浩

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》を送ってくださってありがとうございます!
26
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。