見出し画像

たった一つの心を抱えて

結城浩

私たちは、内面を見ることができる心を一つだけ知っている。

すなわち、自分の心である。

どんな喜びも、どんな悲しみも、私たちは心を通して知る。
自分が持っているたった一つの心を通して。

人の喜びや、人の悲しみに共感するときでさえ、
私たちは自分の心を通している。

決して、相手の心を直接感じているわけではない。
たとえ、そう表現せずにはいられないときであっても。

その意味で、生は孤独である。
人はみな、たった一つの心を抱えて生きるしかないからだ。

しかし、だからこそ、人は共感できる。自分も相手も、
たった一つの心を抱えて生きていることには変わりがないからだ。

自分の身体のメンテナンスと同じように、
自分の心のメンテナンスも大切なことだ。
心は、一生お付き合いする大事なデバイスである。

秋風に吹かれて、そんなことをふと思った。


結城浩のメールマガジン 2015年10月20日 Vol.186 より

※もしも、この文章を気に入ってくださったなら「オススメ」や「スキ」で応援していただければ感謝です。

質問はこちらからどうぞ。

結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。

#結城浩 #心の健康 #自分の心 #たった一つの心を抱えて #大事な心

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl