見出し画像

安定して誠実に仕事をするために(仕事の心がけ)

結城浩

質問

結城先生、こんにちは。いつも先生の御著書やブログを拝読しています。心の支えです。書いてくださり、ありがとうございます。

最近、インターンシップや教育実習に参加しました。いつも気がゆるんでいるからだと思うのですが、その間、気を張り続けていました。疲れたり休んだりすると、仕事に対する姿勢や誠実さが損なわれる気がします。しかし、これでは仕事は長続きしないと思いますし、先生はいつも《読者のことを考える》の原則通り、安定して誠実にお仕事をされていると感じます。

どうすれば、安定して誠実さを保つことができるのでしょうか。慣れることなのでしょうか。よろしければ、ヒントをいただきたいです。

結城浩のメールマガジン 2019年7月2日 Vol.379 より

回答

こんにちは。ご質問ありがとうございます。

インターンシップや教育実習などはいかにも疲れそうですね。お疲れさまでした。

新しいこと、いつもと違うこと、予測がつきにくいこと、他者から評価される環境にいること……それらはいずれも気を張る要因になると思います。それは誰しもそうでしょう。

私も安定して誠実に仕事をしたいとは願っていますが、現実としてはなかなか難しいですね。でも、もちろん心がけていることはあります。

同じことを繰り返す

まず「同じことを繰り返す」ように心がけています。同じことを繰り返すことに耐えられない人もいるでしょうけれど、私の場合は繰り返すと心も身体も安定することが多いですね。

私は、昨日と同じ今日、今日と同じ明日という感じで仕事を進めるのが好みです。いわゆる「判で押した毎日」が好きなのです。でもその中にあって自分のささやかな工夫で小さな変化を楽しもうとする。そういうパターンになることが多いですね。

「同じことを繰り返す」と、多くのことが予測できるようになります。そうすると心乱される機会は少なくなりますし、気をそらされることなく仕事の内容に深く集中できると私は感じます。

誤解されないために補足しますが「同じことを繰り返す」というのは自分の行動パターンのことです。仕事の内容については新しいことへのチャレンジを必ず含めたいと思っています。でもその場合でもドラスティックに変化させるのではなく、今回の仕事は「これにチャレンジしよう」というポイントを定めます。すべてを新しくしたら、多方面でトラブルが起きるからです。

本来の目的を見失わない

安定して誠実に仕事をするための心がけとして「本来の目的を見失わない」もあります。特にこれは「がんばりすぎて身体を壊さない」ということでもあります。身体を壊すまでがんばるというのは、本来の目的を見失ってしまった状態です。身体を壊してしまったら、本来やりたいことができなくなってしまいますからね。

実はこれ、会社勤めしていた若いときに結城自身がよく経験した失敗です。連続的に勤務したり、徹夜したり、休日返上してがんばることがよくありました。健康を害して寝込むまでがんばりました。心が壊れる寸前のこともありました。「仕事のため、がんばろう」と当時は思っていましたが、いまにしてよくよく考えてみると違いました。

寝込むまでがんばる私の行動というのは「仕事のため」ではなく「これだけ頑張ったんだからできなくてもしょうがないよね」と周囲に思ってもらいたいからだったのです。

安定して誠実に仕事をこなす心がけとして「本来の目的を見失わない」ことは大事です。自分を壊してまでこなす仕事はありません。

価値観を確かめる

急に抽象的になりますが「価値観を確かめる」のも重要です。

安定して誠実な仕事をするためには「仕事とは何か」や「自分はどのような仕事をしていきたいか」をきちんと考えておく必要があります。そしてそれは理想論だけではなく、地に足が着いた現実的なものでありたいですね。

自分はこのような仕事をしていきたいから、こっちの方向に進むのを心がける。しかし現実はまだそうなっていないから、そのずれをどうしたら改善していけるだろうか……と考え、悩むのは健全なことです。自分の仕事のあり方について、もしも落ち着いて考える時間が取れないとしたら、それはやや危険な状態だと思います。一言でいえば「忙しすぎ」です。

「仕事そのものを行う」ことに時間を注ぐだけではなく、一歩身を引いて「自分の仕事への向かい方を確かめる」ことにも時間を注ぐことが必要なのです。

「自分は仕事をどうしたいか」を考えていくと、それは「自分はどんな生活をしたいのか」を考えることになります。やがて「自分はどんな人生を生きていきたいのか」を考えることになります。きちんと考えると必ずそこに至ります。

それが「価値観を確かめる」ことに他なりません。私は何を大切にして生きていきたいのだろうか。そのような問いは、疲れているときに考えると重たい問いにあるので十分に注意したい(落ち込みやすいので注意)ですが、大事な問いです。

具体的な仕事、日々の生活、そして自分の価値観。それらがうまく噛み合っていると安定した気持ちで毎日を過ごせるように思います。現実的にはあちこちぶつかったりきしんだりするわけですけれどね。

あなたは現在学生さんでしょうか。どうぞよい仕事に出会い、豊かな人生をお過ごしになりますように。

ご質問ありがとうございました。

なお、以下に関連した読み物があります。

画像1

※もしも、この文章を気に入ってくださったなら「オススメ」や「スキ」で応援していただければ感謝です。

質問はこちらからどうぞ。

結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。

#結城浩 #仕事の心がけ #仕事 #安定して誠実に仕事をするために


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩
本を書く生活が来年で30年。著書は今年で60冊。『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』『Java言語で学ぶデザインパターン入門』他。2014年度日本数学会出版賞受賞。https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c