見出し画像

『数学ガール』刊行直前、奥さんからもらった大きな励まし(思い出の日記)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

何だか今日は強風でした。午前中は礼拝で、お昼は野菜たっぷりのサラダランチ。午後からお昼寝して、起きてから掃除機を掛けたり片付けものをしたり。そんな日曜日。

ソファに寝転がって『数学ガール』の原稿を読んでいると、奥さんが通りかかったので、「ねえねえ、このエピグラフ面白いよ」と、ある一章分の束を渡してみました(エピグラフというのは、章のはじめにある引用文です)。

奥さんは「かっこいい!」と言った後、急に無言になって渡した文章を続けて読み始めた。ソファに座り、章の終わりまで一気に読んで「おもしろいね」と感想を言いました。

私「へえ…おもしろかった?」

家内「うん、おもしろかった。数式は飛ばしたけど。これ、ネットで公開してる文章?」

私「公開しているのは一部分だけどね。本にするときにずいぶん書き直したり、新しい章を加えたりしているよ」

家内「ネットで読んだ人『おもしろい』って言ってるんじゃない?」

私「うん、みんなおもしろいって言ってる」

家内「そうでしょうね。あなた、小説書く才能あるわよ」

(奥さんからすごい励ましの言葉をもらった!)

私「ありがとう。どういうところが良かった?」

家内「何ていうか、楽しくすらすら読めちゃうところかなあ。これまでの本とちょっと違うね」

私「まあ、これまでの技術書は主に説明のための本だったし。テトラちゃん、可愛くない?」

家内「うん。可愛い可愛い」

 * * *

※この時点ではまだ「数学ガール」シリーズは一冊も刊行されていませんでした。この会話の二ヶ月後に最初の『数学ガール』が刊行されます。

※2007年4月22日の「結城浩の日記」から。
http://www.hyuki.com/d/

※Photo by webtreats.
https://www.flickr.com/photos/webtreatsetc/4185326903/

※以降に文章はありません。気に入ったなら「投げ銭」で応援してくださいね。

この続きをみるには

この続き:0文字

『数学ガール』刊行直前、奥さんからもらった大きな励まし(思い出の日記)

結城浩

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》を送ってくださってありがとうございます!
19

結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

思い出の日記

子供との対話、妻との対話などを、数年前の日記からピックアップしてお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。