見出し画像

聖書と祈りと教会と(思い出の日記)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

日曜日の午前中は教会で礼拝。

今日は「いのち」というものについて考えた。

「いのち」は「時間」といってもいい。

今日、私がここに生きているということ。

それはいのちであり、時間である。

 * * *

毎週、教会に行く。忙しくても、眠くても。

いつもいつも「信仰深い気持ち」でいるわけではない。
でも、毎週、教会に行く習慣になっている。
それは、とてもよいことだと思っている。

いつもの自分を見直す。
いつもの生活を見直す。
失敗を振り返り、反省する。
そして、全能の神さまに祈る。

そのようなひととき。

 * * *

自分が偉いからではなく、
むしろ偉くないからこそ、教会に行く。

行かない理由はいくらでも挙げられるだろうけれど、
まずは、教会に行く。とにかく教会に行く。

 * * *

聖書は食事、祈りは呼吸、教会はお風呂かな。

自分がきれいだからではなく、
むしろきれいじゃないからこそ、お風呂に行く。

行かない理由はいくらでも挙げられるだろうけれど、
まずは、お風呂に行く。とにかくお風呂に行く。

 * * *

聖書を読みたい・教会へ行きたい
http://www.hyuki.com/church/

※2009年1月4日の「結城浩の日記」から。
http://www.hyuki.com/d/

※結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。あなたも購読してみませんか。
http://www.hyuki.com/mm/

※Photo by webtreats.
https://www.flickr.com/photos/webtreatsetc/4185326903/

※以降に文章はありません。「スキ」や「投げ銭」での応援を歓迎します。

この続きをみるには

この続き:0文字

聖書と祈りと教会と(思い出の日記)

結城浩

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》を送ってくださり感謝。はげみになります!
13

結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

思い出の日記

子供との対話、妻との対話などを、数年前の日記からピックアップしてお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。