見出し画像

過程と成果のどちらを評価?(仕事の心がけ)

仕事を何か実行したときには、実行しっぱなしではなく、何らかの評価をしてフィードバックするのはよいことです。

ところで、仕事を評価するときには、

 ・仕事の過程
 ・仕事の成果

のどちらを評価すべきでしょうか。

 * * *

「過程」というのは、その仕事をどのように進めたか、どのようなやり方で実行したかを意味しています。過程というのはプロセスと呼んでもいいですね。

それに対して、「成果」というのは、その仕事を実行したことで何を得たか、どんな結果になったか、当初の目的を達したかを意味しています。成果はゴールと言い換えられるでしょうか。

結論からいうと、「過程」を評価すべきか「成果」を評価すべきかは、ケースバイケースであると思います。

人によっては、

 いやいや、過程なんかどうでもよくて、
 成果を出さなければダメでしょう。
 成果がすべてですよ!

と考えるかもしれません。実際の仕事はそんなに単純ではないと思います。もちろん、その逆の「成果なんかどうでもいい」というのも違います。

もしもその仕事が、たった一回限りのことならば、成果がすべての場合もあるでしょう。しかしながら多くの場合《仕事は長期で勝負するもの》です。仕事をし続ける持続性や継続性が大切になります。

持続性や継続性を考えた場合、成果だけを評価していると道を誤ります。毎回いきあたりばったりで、無茶をして、たまたま成果を上げたとしても高く評価できません。成果だけではなく、過程も適切に評価する必要があるのです。

 * * *

仕事の評価という言葉には、上司が部下を、会社が社員を評価するイメージがあります。

でも、もう少し広く考えて、自分が自分の活動を評価するときも想像するといいですね。自分の一日が終わったときに、その日の活動を振り返るのです。そのときに、

 ・(過程)自分は、どんなふうに活動したのか
 ・(成果)自分は今日、何を成したのか

この二点の両方を確かめるのは健全なことだと思います。

ざっくりと良し悪しを考えるなら、2×2で4通りのパターンがあります。

 ・いい成果をあげたし、その過程もばっちり。
 ・いい成果をあげたが、その過程はいまいち。
 ・成果はあがらなかったが、過程はばっちり。
 ・成果はあがらなかったし、過程もいまいち。

この4通りのパターンそれぞれに、自分へのフィードバックは変わるでしょう。

成果のみ、あるいは過程のみを評価するのは単純すぎます。成果と過程の両方を評価し、その組み合わせで考えると、フィードバックが豊かになります。それは、自分の中に複数の評価軸を持つことになるからです。

複数の評価軸を持つことは、自分の心の健康にも役立ちます。たとえば、「がんばったけれどできなかった」という日は誰にもありますよね。そのときに「できなかった(成果)」ことだけに目を向けると、「ああ、自分は100%ダメなんだ」と誤解しそうです。

「できなかった(成果)」だけではなく、「がんばった(過程)」もきちんと評価しましょう。そして、その「過程」が「成果」に結びつかなかった理由を考察するのです。

「過程」と「成果」のように複数の評価軸を持ち、分析的に自分の仕事を評価するならば、自分を責めるのではなく、前向きに、建設的に次の一歩を踏み出せるはずです。

 * * *

「成果」だけではなく「過程」も評価しましょう。

複数の評価軸で広がりのあるフィードバックを行いましょう。

この考え方は、きっとあなたの役に立つはずです。

以上、「仕事の心がけ」は 過程と成果についてのお話でした。あなたは、自分の仕事を評価するとき、「過程」と「成果」のどちらを評価しがちですか。

画像1

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2017年2月28日 Vol.257 より

結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。

#結城浩 #仕事の心がけ #仕事 #プロセス #ゴール #仕事の振り返り


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。おともだちにもぜひ教えてね!
22
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。

こちらでもピックアップされています

仕事の心がけ
仕事の心がけ
  • 38本

仕事をするときにちょっと心に留めたいことを集めていきます。いわゆるお仕事だけではなく自分の活動全般に役立つヒントです。