見出し画像

自分の書く物語の登場人物と仲良くなりたい(文章を書く心がけ)

質問

自分が書く物語の登場人物たちと、なかなか仲良くなれません。

彼らが彼らに対してどんなふうにふるまい、考え、語り合うのか、いつも手探りで書き進めているのですが、そうなるよう自分の都合で動かしてしまっているとも感じます。

Aさんのことを書いているとBさんのことがわからなくなるし、Bさんのことを考えるとAさんがわからなくなって、会話や行動はこれでおかしくないだろうか、と思いつつも確信が持てず、頭を抱えてしまいます。

読者さんにキャラクターの魅力を伝えたいのに、それ以前のところでひっかかってもどかしいです。

結城浩のメールマガジン 2019年5月7日 Vol.371 より

回答

これはとても素晴らしい質問です。

私もささやかながら物語を書いていますので、お気持ちはとてもよくわかります。

この続きをみるには

この続き: 2,345文字 / 画像1枚

自分の書く物語の登場人物と仲良くなりたい(文章を書く心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》を送ってくださり感謝。はげみになります!
4
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。