見出し画像

後悔の少ない人生を送るために大切なこと(日々の日記)

結城メルマガVol.194(2015年12月15日)より

※この文章を購入すると同内容の電子書籍(epubとPDF)がダウンロードできます。

結城は、小さな頃から「後悔」というものがとても嫌いでした。小さな頃というのは、たとえば幼稚園や小学校時代の話。いまでも、後悔はとても嫌いです。まあ、後悔を好きな人はいないとは思いますけれど。

結城が後悔を嫌いな理由。

結城は、後悔するときの感覚が嫌いなのです。あえて言葉にするなら、胸の奥の方、腹の底の方から、熱くて苦いものが「わあっ」と湧き上がってくるような感覚です。

時間は、決して巻き戻すことができません。英語のことわざに、It is no use crying over spilt milk. 「こぼしたミルクを嘆くのは無駄だ(覆水盆に返らず)」というものがあります。まったくその通り。こぼれたミルクは戻せない。その「戻せない」という感覚がとても嫌いなのです。巻き戻すことができない。「不可逆」という言葉に出てくる「不」の一文字の重みが嫌い。

子供のころから後悔が嫌いで、時間は巻き戻せないということを身にしみて知ってから、時間は注意して扱わなければいけないと思うようになりました。「今日失った機会、明日取り返せるだろうか」あるいは、「今日決めてみんなに知らせた。明日、それを撤回できるだろうか」とよく考えるようになりました。

----

 * * *

人生というものが時間の上に乗って進む以上、人生のほとんどのことが不可逆である。

バージョン管理システムを使って、「しまった、一日前の状態にすべてを復旧しよう」というわけにはいかない。

プログラムだけなら復旧できるかもしれないが、人生の出来事すべてを復旧することはできない。時間の流れを未来に進みながら、何とかその中で修復を試みるしかない。

でも、あるとき思った。「成功か失敗か」という結果そのものは、実は後悔とは無関係だということに。私が嫌いなのはあくまで「後悔」なのである。

もちろん失敗するのは悔しい。 できれば、一日分を巻き戻してリトライしたいこともある。でも「失敗した悔しさ」と、私が大嫌いな「後悔」とは、ずいぶん違う。

自分の力が及ばずに失敗することはよくある。計画が甘かったり、想定外の出来事が起こったりして、失敗してしまった。うまく行かなかったなんてことは、非常によくある。そのような失敗は悔しいけれど、私がここで言う「後悔」とはニュアンスが違う。 巻き戻せない失敗がすべて後悔になるわけではない。

では、後悔というのはどこから来るのだろうか。私が大嫌いな後悔は、

 自分でできたはずのことを、
 安易に他者や状況に委ねてしまったことから来る…

のではないだろうか。

自分で考えて失敗した。自分で努力して失敗した。自分が作ったけれど失敗した。それらはすべて悔しい。でも、納得がいく。これが自分の実力かと思うと、悔しいが納得する。後悔はない……わけではないけれど、かなり少ない。

しかし、「これは、まかせた」と安易に考えたり、「ここは、成り行きで」のように考えたところは、後悔が大きい。自分が踏ん張らなかったことには、後悔が大きい。

 * * *

世の中の多くの人が、しっかり考えるべき局面でも「このまま成り行きで」と考える(と結城は想像している)。それがすべて悪いわけではない。でも、自分にとって大事な局面で、「ボートのオールから手を離す」とどうなるだろう。あっというまに、現状の潮流や、無難な対流に流されるのではないか。

何かを作る局面を考えるとわかりやすい。何かをクリエイトする人の役割は、関係する人に対して、

この続きをみるには

この続き: 1,848文字

後悔の少ない人生を送るために大切なこと(日々の日記)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》を送ってくださってありがとうございます!
23
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。