月見れば千々にものこそかなしけれわが身一つの秋にはあらねど
見出し画像

月見れば千々にものこそかなしけれわが身一つの秋にはあらねど

大江千里 古今和歌集193  百人一首23 #jtanka

月を見ると、ものごとをあれこれ悲しく思ってしまうなあ……私一人だけの秋ではないのだけれど。

「千々に」は形容動詞「千々なり」の連用形で「いろいろ、さまざまである」の意味。

「ものこそかなしけれ」は「もの+こそ+かなしけれ」。「もの」は「物事」の意味。「こそ」は係助詞で係り結びを作る。「かなしけれ」は形容詞「かなし」の已然形で「こそ」に対する結び。

「あらねど」は「あら+ね+ど」。「あら」はラ変動詞「あり」の未然形。「ね」は打消の助動詞「ず」の已然形。「ど」は逆接確定条件の接続助詞。「あらねど」は「……ではないけれど」という意味。

ラ変(ラ行変格活用)の活用は「ら|り|り|る|れ|れ」。ラ変動詞は「有り(あり)」「居り(をり)」「侍り(はべり)」「いまそかり」の四語のみ。

つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ わがみひとつの あきにはあらねど

※Photo by webtreats.
https://www.flickr.com/photos/webtreatsetc/5459627931/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》を送ってくださってありがとうございます!
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。