見出し画像

自分らしく生きなければならないという呪い(日々の日記)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2017年3月14日 Vol.259 より

自分らしく生きなければならないという呪い

ある朝、私は「自分らしく生きなければならないという呪い」について考えていました。

そんなことを考えたきっかけはよく覚えていません。Webで自己啓発的な記事を見たためでしょうか。もしかしたら、学生さんからやってきた「進路に悩むメール」に返事を書いていたためかもしれません。

ともかく「自分らしく生きなければならないという呪い」というものは確かにありそうだなあと思いました。

「呪い(のろい)」なんて表現を使うのは、大げさに聞こえるかもしれませんね。いささかぶっそうでもあります。

私が「呪い」と書いたのは、「自分らしく生きなければならない」という気持ちが、自分に絡みついてしょうがない場合があると思うからです。この気持ちがどこから来たかよくわからず、自分が求めているかどうかもわからないけれど、振り払っても振り払っても自分にまとわりつく思いのことを「呪い」と呼んでみました。

私は「自分らしく生きる」ってそんなに大事なことなのかな、とも考えていました。

もちろん「誰かから強制される生き方がいい」というのではありません。また「押しつけられた生き方に甘んじよ」と乱暴な意見を持っているのでもありません。くどくど具体例は挙げませんけれど、理不尽な束縛や不当に縛られた生き方をしている人が、そこから解放され、抜け出すことはとても大切です。本来の自分ではない生き方で構わない、なんてことはありません。

私は先ほど「自分らしく生きなければならないという呪い」と表現しました。これは、「自分らしく生きなくては」「自由に生きなくては」という気持ちというものは、極端に走った場合、それ自身が新たな束縛になってしまうものだよ、と言いたかったのです。

自分らしい・自分ならではの・世界にどこにもない・私の可能性を最大限に生かした……そのような生き方を《しなければならない》と考えるのは、逆に自由を奪ってしまう危険性があるのではないでしょうか。

この続きをみるには

この続き: 2,035文字 / 画像1枚

自分らしく生きなければならないという呪い(日々の日記)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。おともだちにもぜひ教えてね!
15
本を書いています。『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。https://link.hyuki.net/mm でメルマガ配信中。https://link.hyuki.net/girlnote でcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

こちらでもピックアップされています

ストック
ストック
  • 4本