見出し画像

『数学ガール/ポアンカレ予想』を書くのにどれだけの時間を掛けてどんな準備をしましたか(本を書く心がけ)

結城浩

質問

ポアンカレ予想について何も知識がない状態から、『数学ガール/ポアンカレ予想』のようなポアンカレ予想をテーマにした本を執筆できるくらいの知識を得るため、どの程度の時間を掛けたか教えていただけませんか?

また、どのような手段で知識を得たかもあわせて教えていただけると幸いです。

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年4月24日 Vol.317 より

この続きをみるには

この続き: 4,421文字

『数学ガール/ポアンカレ予想』を書くのにどれだけの時間を掛けてどんな準備をしましたか(本を書く心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩
本を書く生活がもうすぐ30年目。著書はもうすぐ60冊。『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』『Java言語で学ぶデザインパターン入門』他。2014年度日本数学会出版賞受賞。https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c