思ふよりいかにせよとか秋風になびく浅茅(あさぢ)の色ことになる(読人しらず)
見出し画像

思ふよりいかにせよとか秋風になびく浅茅(あさぢ)の色ことになる(読人しらず)

#読人しらず (よみひとしらず) #古今和歌集 725 #jtanka #短歌 #恋

あなたのことを思うより他にどうしろというのですか。秋風のままになびく浅茅あさぢの色が変わっていくように、あなたは飽きる気持ちのままに心変わりしてしまいます。

いかにせよ」は「どのようにせよ」の意。

浅茅」は丈の低い茅萱ちがや。「浅茅生あさぢふ」ならば雑草の生えているところ。「浅茅が宿あさぢがやど」ならば雑草で荒れ果てた住まい。「浅茅が原あさぢがはら」ならば雑草で荒れ果てた野原。

」は「飽き」に掛けている。

ことになる」は「異に成る」で「別のものに変化する」の意。浅茅の色が変わることと、人の心が変わることを掛けている。浅茅の荒れ果てた風景と合わせてもの悲しさを増している。

おもふより いかにせよとか あきかぜに なびくあさぢの いろことになる
おもうより いかにせよとか あきかぜに なびくあさじの いろことになる
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。