見出し画像

人を惹きつける文章を書く(文章を書く心がけ)

※この文章は結城メルマガVol.307からの抜粋です。

質問

結城先生こんにちは。

僕は、結城先生の書いた文章が好きなのですが、どうして好きなのでしょうか?

文章力が優れているのはもちろんだと思うのですが、それだけではここまで人を惹きつける文章は書けないと思います。

他とは違った人生経験や思考をしているからなのでしょうか?

漠然とした質問で恐縮ですが、答えていただけると嬉しいです!

回答

お褒めいただき、ありがとうございます。とてもうれしいです(少し気恥ずかしいです)。

最近の私は「説明できない魅力」に関心があります。なぜかという理由ははっきりわからないけれど、何となく惹かれる。繰り返し読みたくなる。そのような文章に興味があるのです。

あなたの質問への答えになるかどうかはわかりませんが、自分が書く文章については結城自身よく考えているので、いくつかお話ししてみます。

 * * *

私自身は、他の人とそれほど異なる考え方はしていないと思います。自分で自分を観察しているので不正確かもしれませんが、割と「あたりまえ」のことしか考えていないです。

ただ、あたりまえの内容を考えていても、できるだけ自分が納得できるような形に整理して、それがきちんと読み手に伝わるように表現したいとは思っています。内容はあたりまえでも表現が整っているなら、受ける印象は異なってきますね。

比喩的にいうならば、あたりまえの食材を使っても、ていねいに調理するならば、おいしい料理になるのと似ているかもしれません。

 * * *

ではその表現の部分はどうなっているか、自己分析してみます。

結城の文章は説明文が多いのですが、説明文としては「ウェットな部分」が多めだと思います。また「ややくどい」ともいえるでしょうね。その結果、結城の文章は好きな人は好きだけど、読みにくいと感じる人も少なからずいると思います。

ウェット(wet)な部分というのは、読み手の感情や感覚や気持ちに訴える部分という意味です。単に説明を提示するだけではなくて、その説明が持つ重みやニュアンスが伝わるように、感覚的な表現がときおり出てくることがあるようです。

Twitterで連続的にツイートするときや、結城メルマガに書くときには、ウェットな部分が特に多めになる傾向があります。

書籍にするときにはウェットな部分を抑え気味にして、ドライな部分が多めになる傾向があります。

とはいっても、私が過去に書いた本の中で一番ドライなのは『数学文章作法』だと思うので、それほどドライではないかもしれませんけれど……

結城は「数学ガール」や「数学ガールの秘密ノート」のような数学読み物を書くのが好きです。その理由の一つとして「ウェットな部分」と「ドライな部分」がいい感じに入り交じるからだと思っています。

 * * *

自分が書いた文章のどこに魅力があるか、それを分析するのは難しいです。そもそも結城は「説明できない魅力」を求めているのでなおさらですが、あえて、考えてみましょう。

この続きをみるには

この続き:846文字

人を惹きつける文章を書く(文章を書く心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
13

結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

文章を書く心がけ

文章を書くときのちょっとした心がけやヒントをお伝えするマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。