見出し画像

未来につながる仕事(仕事の心がけ)

仕事をしていて、こんなことを思う。

それは「自分のいまの活動は、明日につながるか」ということ。明日につながるか。来週につながるか。来月、来年、十年後、そして百年後につながるか、ということ。

自分のための仕事なら、せいぜい十年後につながるくらいでも十分だろう。それが、百年後につながるというのはどういうことか。

それは「別の人に託す」ということだろう。見返りを期待せずに託すということ。

結城は「他人を励ます」ということは百年後にも生きると思っている。

私たちはみな、望むと望まざるとに関わらず、種まきをしている。

 悪の種や毒の種をまきたくはない。
 善の種や薬の種をまきたい。
 命の苗を植え、愛の苗を育てたい。

人は死ぬが、愛は生きる。

私もこの世でいつか死ぬ。でも、せめて、私の残した言葉で、私の伝えた言葉で、愛を知る人が生まれてほしい。愛を伝える人が残ってほしい。

いやいや、私自身のことはどうでもよくて、ともかく、他の人のために愛を伝える人や、希望を語る人や、信じる意味を宣べる人がいたらいいな、と思う。

歳をとると「自分はたいしたことがない」という事実に気付く。オレが、オレが、と主張することは無意味ではないが、大きな意味はない。自分の中にため込んだり、自分の中に隠したりするのではなく、いかに外に出すか。いかに外に残すかが大事になる。

結城に残されている時間は、もう少ししかない。最大見積もって、あと40年生きるとしても15000日はない(40×365=14600)。それだけの日数しかない。だから、ていねいに生きていきたい。

ていねいに生きるといっても、特別なことではない。自分のなすべきことをなし、できる限り家族を支え、私に関わるすべての人にできるだけのはげましを与えたい。エールを送りたい。

そしてもちろん、自分の書くべき本を一冊一冊ていねいに、がんばって書いていきたい。

そういう当たり前の毎日こそ、明日につながる仕事かもしれない。

 * * *

※結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。あなたも購読してみませんか。
https://mm.hyuki.net/m/m73f865053b52

#結城浩 #仕事の心がけ #仕事

※結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2015年6月2日 Vol.166より


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。ありがとうございます(^^)
37

結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

仕事の心がけ

仕事をするときにちょっと心に留めたいことを集めていきます。いわゆるお仕事だけではなく自分の活動全般に役立つヒントです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。