専門外の人に説明するコツ(教えるときの心がけ)
見出し画像

専門外の人に説明するコツ(教えるときの心がけ)

質問

結城さんに質問です。

私は、複雑系科学を専攻しています。

自分の専門分野は、数物系の大学院生やハイレベルな学部生を除くと世間的な認知度が非常に低く、理解してもらうために毎回苦労します。

専門外の人に、自分の専門について説明するときに心がけていることはありますか。

結城浩のメールマガジン 2018年6月26日 Vol.326 より

回答

ご質問ありがとうございます。

専門的なことを専門外の人に説明するというのはとても大切な活動だと思います。でもあなたがご苦労なさっている通り、それはたいへん難しいことでもあるでしょう。

私は一般の人向けに本を書いていますので、どんなふうに説明したら理解してもらえるかはいつも考えています。

ここでは基本的な三点をご紹介します。やや抽象的な説明になりますが、あなたご自身の分野に当てはめながらお読みください。

・適切な具体例を見つける
・常識に反する知識を話す
・粒度を変えてメリハリをつける

この続きをみるには

この続き: 1,954文字 / 画像1枚

専門外の人に説明するコツ(教えるときの心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。