見出し画像

肯定と否定(コミュニケーションのヒント)

※結城メルマガVol.120(2014年7月15日)より

※この文章を購入すると同内容の電子書籍(epubとPDF)がダウンロードできます。

コンビニでのやりとり

コンビニで支払いをするとき、ポイントカードの有無を尋ねられることがあります。先日、こんな体験をしました。

あるコンビニでは、

 (1)「ポイントカードはお持ちですか?」

と聞かれたのですが、別のコンビニでは、

 (2)「ポイントカードはよろしいですか?」

と聞かれたのです。この違いがおもしろいな、と思いました。

結城はポイントカードを持っていなかったのですが(1)と(2)で答え方が変わります。

 (1)「ポイントカードはお持ちですか?」
  →「いいえ」(持ってません)
 (2)「ポイントカードはよろしいですか?」
  →「はい」(大丈夫です)

(1)で聞かれたときには「いいえ」で答えることになり、(2)で聞かれたときには「はい」で答えることになります。ポイントカードを持っていない私の立場からすると、(1)よりも(2)の方が気分がよいと感じます。

あの「ポイントカードは…」という質問は日頃からうるさく感じているので、せめて気分がいい(2)のような聞き方の方がいいなと思いました。

まあ、もしかしたら「気分がよくなる」ことよりも、ポイントカードを持つことをお店は求めているのかもしれませんが。

この続きをみるには

この続き:1,490文字

肯定と否定(コミュニケーションのヒント)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。うれしいなあ……感謝!(^^)
9

結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

コミュニケーションのヒント

会社で家庭で学校で…コミュニケーションはどこでも必要なもの。ちょっとしたヒントをお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。