見出し画像

学ぶ楽しみ、知る喜び(思い出の日記)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

うまく説明できないかもしれませんが、昨日のうれしかったことを書いてみたいと思います。

昨晩、大きな書店に出かけました。いつものようにコンピュータ書籍売り場をぐるっと一回りして、自著にそっと手を触れて「この本を必要としている方がいらっしゃいましたら、その方にどうぞ届けてください」とお祈りしました。

帰り際に、そういえば、と思って数学の本が置いてある棚に行きました。

つい先日、数学物語ミルカさんシリーズを更新したばかりなので、頭が数学モードになっていたのですね。離散数学の本を手にとって、とりあえず索引を開きます。そして、母関数の項目を探します。私がミルカさんシリーズで書いた内容が、もちろんもっと専門的な書き方で書かれています。でも、そこに出てくる数式は、私にとって、とても親しみ深いものでした。なぜって、ここしばらくミルカさんやテトラちゃん、それに「僕」ががんばって展開していた数式でしたから。それがとてもうれしかったんです。

私は数学者ではないので、数学の専門書をきちんと読むのは難しいです。っていうか、読めません。でも、一部分でもいいからそんな風に「あ、ここ分かる」って言えたのがうれしかったんです。

プログラムでも、数学でも、音楽でも、何でも、プロというものはすごいものです。ちょっと素人では太刀打ちできない何かがありますよね。でも、プロみたいにうまくはできなくても、自分なりにやってみて、本物の息吹に触れて、喜びを味わうのは大切なことだと思います。

プログラムなら、自分でコードを書いて「お、動いた!やったじゃん」と声を上げる。

数学なら、答えを導いたり、証明したり、あるいは数式をいじって確かめる——「僕」が放課後の図書室でやっているようにね。

音楽なら、自分の声で歌ったり、楽器を演奏したりする。

そういう「自分なりのペースでいいから、本音のところで楽しむ」という経験は大事だと思うんです。プログラムを仕事に利用するとか、数学を試験に役立てるとか、音楽を何かに生かすとか、そういうのも悪くない。けれど、純粋に「楽しむ」っていう経験は、馬鹿にできない。

自分の自由になる時間に何をするか。「はい、何をしてもいいよ」という時間に何をするか。自分が心から楽しめる何かをする。純粋に「私はこれを面白いと思う」という何かに取り組む。それは、とてもいいことだと思います。

その楽しみというのは、コンビニにいって「ちょっと買ってくる」種類の楽しみではありません。泥臭いプログラムを自分で積み重ねる。何枚も紙を無駄にして数式変形する。なんて自分は下手くそなんだろうと思いながら楽器を練習する。

でも、しだいに、

 「あっ、うまく動いた」
 「そういうことだったのか」
 「いま、ちょっといい音でたよね」

という感動を積み重ねていく。そうやって到達していく「喜び」というものが絶対あると思うんです。

世の中は忙しい。

忙しいからコンビニで済ませたくなる。

でも、そればっかりじゃ味気ない。ささやかながらも自分が本気で楽しめる何かをキープしておくことは大切じゃないかな、と思うのです。

私は、数学の棚に並んだ難しい本をあちこちめくって「いやあ、さっぱりわからないなあ…。この数式もぜんぜんわからん…。あ、これは知ってる、テイラー展開!」などとつぶやきながら、小一時間楽しんでいたのでありました。

知らないことがたくさんある。学べることがたくさんある。

それって、素敵なことですよね。

 * * *

※2006年1月26日の「結城浩の日記」から。
http://www.hyuki.com/d/

※このころは「数学物語ミルカさんシリーズ」と呼んでいたんですね。この日記での「更新」は「ミルカさんとコンボリューション」のことを指しています。
http://www.hyuki.com/girl/convolution.html

※Photo by webtreats.
https://www.flickr.com/photos/webtreatsetc/4185326903/

※以降に文章はありません。「投げ銭」での応援を歓迎します。

この続きをみるには

この続き: 0文字

学ぶ楽しみ、知る喜び(思い出の日記)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。うれしいなあ……感謝!(^^)
33
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。

こちらでもピックアップされています

思い出の日記
思い出の日記
  • 25本

子供との対話、妻との対話などを、数年前の日記からピックアップしてお届けします。

コメント (2)
あれっ?って思ったらばやっぱり。文字通りいい話です。英文にして子供達に読ませたいなぁ。 #なぜ英文なのだろう でもとっさに頭に浮かんだのはそんな印象。
大学に入り、何か新しいことを始めようとギター部に入りました。経験など全くなかったのですが、音が出せた、ドレミが弾けた、ただそれだけのことがとても嬉しいのです。できるようになる、新しいことを知る、学ぶ楽しさは何にも代え難いものです。子供たちにも、学校での勉強からそんな楽しさを見つけてもらえたらと思います。そして、その手助けを先生や大人がしてあげられたら、と思うのです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。