見出し画像

年末のデータ大掃除 - Evernoteに書きためたメモをどう片付けるか

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2023年12月19日 Vol.612



はじめに

こんにちは、結城浩です。

まずは大事なお知らせから。

談話室の〆切は本日2023年12月19日(火)です!

結城は「談話室」という「ビデオをオフにした状態でZoomを使い、二人で自由におしゃべりするネット企画」を行っています。「談話室」の参加には予約が必要で、現在は2024年1月分の申し込みを受付中。その〆切が本日となっています!ぜひお申し込みください!

◆結城浩の談話室

申し込みの予定はなくても興味がある方は、「談話室通信」という無料ニュースレターにぜひご登録ください。月に一度くらいのアナウンスがあります。

◆結城浩の談話室通信(談話室の連絡をする無料ニュースレター、送信頻度はひと月に一回程度)

* * *

さて、今年も残り二週間になりました。

最近の結城は、Evernoteで保存した多くのデータの整理作業に取り組んでいます。ここで「データ」と呼んでいるのは、執筆メモや発想メモ、Webクリッピングなどです。

データの整理とは具体的にいうと、Evernoteに保存しているデータを、esa、Logseq、Scrapbox、それからシェルフに移す作業です。これはいわば、

 「年末のデータ大掃除」

といえそうですね。年末の大掃除になぞらえて、自分のデータを整理しようというわけです!

ということで、今回の結城メルマガは「年末のデータ大掃除」に関する話題を特集としてお届けします。以下のデータをどのように移行するかを順番にお話ししましょう。

  • 個人的な日記

  • Twitter(現X)への投稿

  • 通常の執筆メモ

  • アクティブな執筆メモ

  • 目的未定の発想メモ

  • 刊行済みの書籍の作業メモ

ただし、今回のメルマガで述べているのは、あくまでも私の個人的な経験と考えに基づいたもので、データ整理のための「素晴らしいルール」が提示されているわけではありません。とてもベタで泥臭い話題が多くなっています。また技術的な詳細には踏み込みません。次のようなポイントに注目してお話しします。

  • これまでの管理方法と不都合な点

  • これからの管理方法とその理由

  • バックアップの取り方

それではどうぞごゆっくり「年末のデータ大掃除」をお読みください!



目次

  • 個人的な日記は、Evernoteからesaへ移す

  • Twitterへの投稿は、Google SpreadSheetに保存する

  • 通常の執筆メモは、EvernoteからMastodonに移す

  • アクティブな執筆メモは、EvernoteからLogseqに移す

  • 目的未定の発想メモは、EvernoteからScrapboxに移す

  • 刊行済みの書籍の作業メモは、EvernoteからPDFとしてアーカイブする

  • まとめ



続きをみるには

残り 9,031字 / 19画像 / ファイル1個

¥ 216

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl