見出し画像

2019年を振り返って/数式交じりの文章をnoteでうまく公開する方法/インクリメンタルな環境改善(6)Scrapbox/塾に求められているもの/

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年12月31日 Vol.405

目次

・2019年を振り返って - 仕事の心がけ
・数式交じりの文章をnoteでうまく公開する方法 - 文章を書く心がけ
・塾に求められているもの - 教えるときの心がけ
・インクリメンタルな環境改善(6)Scrapbox - 仕事の心がけ


はじめに

結城浩です。

いつもご愛読ありがとうございます。

2019年最後の「結城メルマガ」は大晦日の配信となりましたね。

ちなみに2019年最初の「結城メルマガ」はお正月の配信だったんですよ!

お正月と大晦日の両方に「結城メルマガ」が配信されるなんて、不思議ですね!

いえいえ、それはまったく不思議なことではありません。365を7で割ると余りが1になりますから、お正月と大晦日は必ず「同じ曜日」になるんです。ただし、閏年は除きます。

* * *

朝の話。

結城は毎朝、仕事場にしているカフェに歩いて向かいます。

ある朝、いつものようにカフェに向かっていると、向こうから女子高校生二人が並んで歩いてきます。

すれ違うタイミングで、そのうちの一人が両手を上げて「雲がない!」と宣言しました。

それに続いてもう一人も両手を上げて「雲がない!」と宣言。

思わず私もそれにつられて空を見上げました。

ほんとだ。雲のない青空!

* * *

「Honkure」(ホンクレ)の話。

倉下忠憲さん(@rashita2)が、「Honkure」(ホンクレ)というサイトで『数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話』の書評記事を書いてくださいました。ありがとうございます。

この書評の中では、本書における「対話」の意味を掘り下げて書いてくださっています。ぜひお読みください。

◆『数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話』(結城浩) - Honkure

また倉下さんは、Weekly R-style Magazineというメールマガジンで「書き手としての感想」を書いてくださっています。2010年のM-1グランプリに登場したスリムクラブが出てきたのには驚きましたが、なるほどです。倉下さんのような「書き手」の視点で書いた感想文はなかなか読む機会が少ないので、興味深く読みました。こちらもぜひどうぞ。

◆書き手からみた『数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話』

* * *

圏論の話。

結城はいま『ベーシック圏論』という本を少しずつ読みながら圏論の勉強をしています。

勉強した内容はiPadのPaperというソフトで書き、その都度画像をTwitterに投稿しています。投稿の際には「#今日の圏論」や「#ベーシック圏論」というハッシュタグを付けています。

Paperで書き溜めたページがだいぶたまったので、見て見て!(ミニ動画)

◆Paperで書いたページをぱらぱらめくる動画

圏論の勉強は、私の理解能力と掛けている時間の都合上、遅々として進まないのですが、止まってはいません。楽しみつつ進んでいます。

そんな中、先週もご紹介した「圏論と学びをめぐる往復書簡」という企画が始まりました。

『ベーシック圏論』を翻訳した土岡俊介さんと手紙風の文章を交わす読み物の企画です。圏論初学者である結城が素朴な疑問や考えていることを土岡さんに投げかけていきたいと思います。未読の方はぜひお読みください。

◆圏論と学びをめぐる往復書簡

結城が勉強した内容はTwitterに投稿するとともに、以下のScrapboxに集めています。

◆結城浩の圏論勉強プロジェクト

先日、梅崎直也さん(@unaoya)が結城のScrapboxを見て「関手圏と行列」という動画を作ってくださいました。

◆関手圏と行列 - YouTube

もちろん結城はこれを見てたいへん楽しみました。そしてすごくうれしくなったんです。結城が勉強したことをきっかけにして誰かが何かを作ってくれた。そしてそれを結城自身が楽しむ。これは何という贅沢な楽しみでしょう!

こういう楽しみを味わうと、恥ずかしがらずに公開するのって大事だなあとつくづく思います。

* * *

さて、今年一年もたいへんお世話になりました。

どうぞよい新年をお迎えください。

それでは、今回の結城メルマガもごゆっくりどうぞ!

画像1

2019年を振り返って - 仕事の心がけ

目標は何だっけ

年末なので2019年を振り返りましょう!

と考えたところで、すでに2019年の目標を忘れていることに気付きました。だめじゃん。

こういうとき、結城は「結城メルマガ」の過去記事を読み返すようにしています。きっと私は2019年の初めに「2019年の目標はこれにします」という記事を書いているはずですからね。結城は一貫した行動を取っているはずなので、自分の書いたものを調べるのが確実です。

(ごそごそと検索中)

ありました、ありました。2019年1月1日発行のVol.353の最初の記事が「今年の目標の話」でした。ほらね。やっぱりね。

ところがです。

この続きをみるには

この続き:9,548文字/画像6枚
記事を購入する

2019年を振り返って/数式交じりの文章をnoteでうまく公開する方法/インクリメンタルな環境改善(6)Scrapbox/塾に求められているもの/

結城浩

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。ありがとうございます(^^)
11
書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。