見出し画像

春休み、子供といっしょに数学を(教えるときの心がけ)

※結城メルマガVol.158より

※購入すると電子書籍(epubとPDF)がダウンロードできます。

中学校を卒業した息子。高校に進学するまでは春休み。息子を見ていて、ふと、

 「いっしょに数学をしよう」

と思い立ちました。

いっしょに数学をするといっても、私が息子に講義をするわけではありません。具体的に息子がどんな数学をやっているのかを見たかったので、問題を解いてもらおうと思ったのです。

半分は息子のため、もう半分は結城自身が「数学ガール」や「数学ガールの秘密ノート」シリーズを書く参考にするためです。

息子に現在取り組んでいる問題を見せてもらい、高校一年生くらいの内容なら解けそうだということがわかりました。それならば、あちこちの問題集から幅広く出題してみることにしましょう。

この続きをみるには

この続き: 2,190文字

春休み、子供といっしょに数学を(教えるときの心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
9
本を書いています。『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。https://link.hyuki.net/mm でメルマガ配信中。https://link.hyuki.net/girlnote でcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

こちらでもピックアップされています

教えるときの心がけ
教えるときの心がけ
  • 43本

先生が生徒に、上司が部下に、先輩が後輩に、親が子供に「教える」ときはよくあります。そんなときの心がけをお届けします。