社会人、雑念が多くてじっくり学べない(学ぶときの心がけ)
見出し画像

社会人、雑念が多くてじっくり学べない(学ぶときの心がけ)

結城浩

質問

最近、ゆっくり学べていないように思うので、結城先生のアドバイスをお聞きしたいです。

大学生の頃は一ページに一時間以上かけて、ゆっくり、しっかり学んでいたのに、社会人となったいま、そのような学びができなくなってしまっています。

学ぼうとすると、

  • 「こんなことしてていいのか」

  • 「他にやるべきことがあるのではないか」

  • 「もっと仕事に直結する勉強をした方がいいのではないか」

といった雑念が脳内を駆け巡ってしまいます。

何かアドバイスいただけますでしょうか。

結城浩のメールマガジン 2019年5月14日 Vol.372 より

回答

ご質問ありがとうございます。

あなたが質問に書いてくださった「こんなことしてて……」「他にやるべきこと……」「もっと仕事に直結……」という表現は、実感がこもっていますし、非常によく理解できます。あなたが書いたこれらの「雑念」は、学ぶための集中力を大きく削いでしまいますよね。

以下ではちょっとしたヒントとして、次のようなお話をしましょう。

  • 管理者の声を止める

  • 一時間だけ捨てる

  • 時間を区切る作戦

この続きをみるには

この続き: 1,565文字 / 画像1枚

社会人、雑念が多くてじっくり学べない(学ぶときの心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
結城浩
本を書く生活がもうすぐ30年目。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』など50冊以上。活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。