結城浩
ロボットになってお皿を洗う/浪人/退職時期と残務整理/復習してもすぐに忘れる/委ねる/
見出し画像

ロボットになってお皿を洗う/浪人/退職時期と残務整理/復習してもすぐに忘れる/委ねる/

結城浩

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2022年5月17日 Vol.529


はじめに

こんにちは、結城浩です。

先週の火曜日、午後から急激に体調が悪くなり、結局水曜日も一日寝込んでいました (現在はすっかり回復しています)。

特に熱もなく、喉の痛みもなく、単に頭が痛いのと倦怠感で起きていられない状態でした。いつもならこれは「低気圧のせいだ」と判断する症状なのですが、調べても特に低気圧ではなさそうです。ネットにも同じような症状の人がいましたが、結局のところ原因らしいことはわからずじまい。

木曜日には回復して、いつもと同じ活動に戻ることができました。感謝です。

日頃の疲れが出たのかなとも思いましたが、私は別のことも考えました。

私はここ二年くらいは外出も少なめだし、人混みに行くときにはマスクをしていますし、手洗いも励行しています。そのために二年間ほとんど風邪すら引いていません。

それはけっこうなのですが、その一方で「風邪を引いて熱を出して一日寝込むというプロセスによる《リセット》を行っていない」という感覚もあります。この《リセット》は医学的なものではなく、単なる感覚的な話。

この《リセット》の感覚は、長期間動かしっぱなしで何となく重くなってきたMacBookの《再起動》みたいなイメージで捉えています。

そして、先週一日半ほど寝込んだことによって、その《リセット》が久々に行われた感があるのです。

仕事はそれなりに忙しいので、一日半休むことに気持ちの上では抵抗がありました。でも、具合が悪いときにがんばっても良いことはありません。思い切って休むのが一番ですよね。

火曜日の午前中の時点で、Software Designの連載原稿を仕上げておき、Web連載も7割くらいまで書き進めていたのでは大正解でした。対外的に影響があるこの二点が進んでいたので、心おきなく休むことができたともいえます。やはり、不測の事態に備えて、早め早めの行動を取るのは大事ですね。

* * *

それでは、今回の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。


目次

  • ロボットになってお皿を洗う

  • どういう形で浪人するか - 人生を歩む

  • 残務が気になり退職時期について悩む - 仕事の心がけ

  • 勉強ができないし、復習してもすぐに忘れるのをどうしたらいいのか - 学ぶときの心がけ

  • 委ねることと睡眠と - 散歩しながら考えたこと


ロボットになってお皿を洗う - 散歩しながら考えたこと

台所のお皿を洗うってめんどくさい作業ですよね。ギョウザを食べた後、油で汚れたお皿などがあったらなおさらです。

そんなときにどうするか、というお話。

この続きをみるには

この続き: 7,988文字 / 画像5枚
記事を購入する

ロボットになってお皿を洗う/浪人/退職時期と残務整理/復習してもすぐに忘れる/委ねる/

結城浩

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。ありがとうございます(^^)
結城浩
本を書く生活がもうすぐ30年目。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』など50冊以上。活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。