見出し画像

本を書き写す(文章を書く心がけ)

先日、ある方がネットで書いた文章を見て驚愕しました。その方は結城の本『数学文章作法 基礎編』をノートに書き写したというのです。

これまで『数学文章作法 基礎編』をタイプして写したという方は何人かいらして、それにもたいそう驚き、また感謝したものです。しかし今回は「手書き」で写したとのこと。書き写す作業を日課のように約五ヶ月続け、ノート一冊半になったらしいです。驚きです。

結城も、文章練習の一環として書籍を写すことがたまにありますが、そのときでもキーボードを使って入力します。手書きというのはなんともすごいです。

別に拙著の宣伝をするわけではありませんが、あの本を書き写すのは、確かに文章の良い練習になるような気がします。

いえ、私の本でなくてもいいです。自分が好きな本を書き写すというのは、長期的に効く栄養のような役目を果たすのではないでしょうか。

読み書きのスピードの違いは大事です。といっても早いから良い、遅いから悪いというのではありません。読み書きのスピードは大きく違うので、思考に違う影響を及ぼすといいたいのです。

著者は、どんな書籍でも短くて数ヶ月、長くて一年以上の時間を掛けています。それだけの時間を掛けて一つのテキストに向かったわけです。その時間の流れで、書かれてあるテキストの何倍、何十倍もの内容が著者の頭をよぎったはずです。

読者は、著者が掛けたその長い時間を一瞬で飛び越えることができます。書くスピードの何倍何十倍ものスピードで読むことができます。もちろんそれが悪いわけではありません。

しかし、読み書きに掛かるスピードの違いを想像することは有益でしょう。

「本を書き写す」という作業は、書き手が掛けた時間を擬似的にトレースしているといえるかもしれませんね。

画像1

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年9月20日 Vol.234 より

結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。

#結城浩 #文章を書く心がけ #執筆 #文章



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
33
本を書いています。『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。https://link.hyuki.net/mm でメルマガ配信中。https://link.hyuki.net/girlnote でcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

こちらでもピックアップされています

文章を書く心がけ
文章を書く心がけ
  • 40本

文章を書くときのちょっとした心がけやヒントをお伝えするマガジンです。