本を書く心がけ

41

「もっと学んでからにしよう」と思わなくて、本当によかった(日々の日記)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

いつも書いていることですけれど、自分が書いた本の再校読みは楽しい。とても楽しい。初校のざらつきがとれ、スムーズに読める。自分の書いた説明文だから、自分の頭にぴったりフィットする感じがする。とても心地よい。いや、心地よいとばかり喜んでいては校正にならないんですけれどね。とりあえず楽しいので、何度も読み返すわけです。

私の処女作が1993年の出

もっとみる
結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
66

練習問題に解答つけたら、学生は丸暗記してしまうのでは?(Q&A)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです(結城メルマガVol.030より)

結城浩です。

みなさんからのご質問にお答えする「Q&A」のコーナーです。

質問は、必ずしも読者さんからの文章そのままではありません。結城が編集したり、複数人の質問を一つにまとめたりする場合があります。ご了承ください。

●質問

有機酸じゃなくて結城さんへ。

結城さんのメールマガジンを楽しく読んでいます。

もっとみる
結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
9

『数学ガール』と『暗号技術入門』執筆時の手書きノート(4)で伝える工夫を学ぼう(本を書く心がけ)

※ほぼ半分を無料公開しているノートです。(結城メルマガVol.014より)

こんにちは、結城浩です。

「本を書く心がけ」のコーナーです。

このコーナーでは「本を書くこと」に関わるさまざまな話題をお話しします。

今日は「手書きノート」をお届けします。結城が本を書くときに手書きでノートやメモ帳に書いていたことを、スキャナでスキャンしてお見せし、何を考えていたのかを解説します。さらに、実際の書籍

もっとみる
結城浩です。ありがとうございます(^^)
6

次に書く本を考えているときのこと(思い出の日記)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

次に書く本についてあれこれと考えて、楽しい時間を過ごしています。

本の校正のときは、やることがはっきりしています。原稿と向かい合うしかありません。ひたすらひたすら読む。長門結城的な毎日。 

H.Yuki> また図書館に

でも、次に書く本を考えているときは、モードがずいぶん違います。自分の心をとにかく広く広く広げる。遠くの地平線のその向こ

もっとみる
結城浩です。おともだちにもぜひ教えてね!
12