本を書く心がけ

9
記事

結城浩『百年後の詩人』あらすじ

結城浩の新刊『百年後の詩人』のあらすじを紹介します。

その時代、詩人たちは「プログラマに適切な比喩と関数名を与える」という仕事だけをこなす毎日を過ごしていた。

あるとき、ひとりのカリスマのもとで詩人たちはついに蜂起した。「言葉は力である」と自覚していた詩人たちが取った革命の方法は、やがて予想もしなかった未来を生み出していく。

詩人たちがカリスマの助けを得て取った方法とは《語義の間隙》をねらう

もっとみる
結城浩です。おともだちにもぜひ教えてね!
17

孤独の中で決断する(仕事の心がけ)

Twitterは楽しい

結城はTwitterが大好きで、まるでネットに「常駐」するかのようにツイートしています。しかし、まじめな話、結城の「主戦場」は書籍にあります。良い本を書くこと。良い本を残すこと。良い本を読者に渡すこと。そこが結城の主戦場です。その意味では、いくらTwitterが好きであったとしても、そこが自分の仕事の主戦場というわけではありません。

もっとも、多くの人がそうだと思います

もっとみる
結城浩です。ありがとうございます(^^)
67

本を書いて生計を立てる(本を書く心がけ)

結城が原稿を書き始めた時代によく読んだ本の一つに『クヌース先生のドキュメント纂法(さんぽう)』がある。

原文は"Mathematical Writing"という。結城が書いた『数学文章作法(さくほう)』は、この本の結城バージョンであるといえる。

この『クヌース先生のドキュメント纂法』の第30章に「Jeff Ullmanによる金儲け法」というタイトルの章がある。このタイトルは一種の「釣り」なのだ

もっとみる
結城浩です。おともだちにもぜひ教えてね!
32

途切れた執筆の再開方法(本を書く心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2017年5月30日 Vol.270 より

質問

結城浩さま

はじめまして。いつも結城メルマガを拝見しております。今日は質問をさせていただきたいと思い、メールをお送りしています。

私は大阪で弁護士をしているのですが、好奇心と憧れと仕事に使いたいという実用的動機により、一年程前からプログラミングをするようになりました。

そこからすっかりハマってしまい、

もっとみる
結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
11

著者として、図書館について思うこと(本を書く心がけ)

本が売れる/売れないというのは、本の収入で生活している結城に直接関係しています。では著者として結城は、図書館についてどのように考えているでしょうか。

結城は、ほとんどの本はそもそも「読者に見出されていない」と思っています。図書館で読んだからもう買わない、というケースはもちろんあるでしょう。でも「自分が書いた本を読者に買ってもらう」ということを考えた場合、もっとずっと大きな要素は、

 結城の本を

もっとみる
結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
27

ライターとエディター(本を書く心がけ)

※ほぼ半分を無料公開しているノートです(結城メルマガVol.043より)

「本を書く心がけ」では、結城が本を書くときに心がけていることなどを書いています。今回は、ライター(書く人)とエディター(編集する人)について。

●ライターとエディターの違い

ライターは「書く人」であり、エディターは「編集する人」です。

この二人の役柄は重なっているところもあります。人に見せる文章を作り上げるときに、ラ

もっとみる
結城浩です。《スキ》を送ってくださり感謝。はげみになります!
22

『数学文章作法』で「飯のタネ」を公開していいのか(Q&A)

※ほぼ半分を無料公開しているノートです(結城メルマガVol.057より)

こんにちは、結城浩です。

読者さんからのご質問にお答えします。

●質問

結城先生はじめてメールをお送りします。『数学文章作法』を拝読いたしました。メール・マガジンを出していらっしゃるということを知り、あわてて購読を開始いたしました。質問も受け付けていらっしゃるとのことでしたので、失礼を顧みずメールさせていただきます。

もっとみる
結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
15

『数学ガール/ガロア理論』を書いてるときの試行錯誤のようすを手書きメモとして公開します(本を書く心がけ)

※ほぼ半分を無料公開しているノートです(結城メルマガVol.037より)

今回の「本を書く心がけ」は「手書きノートのスナップショット」をお送りします。

このコーナーは、結城が書籍を書くときにノートに手書きしていたメモをお見せするというものです。メモが何を意味しているか、書籍にはどう反映されたのかを合わせて解説します。執筆の舞台裏をちょっぴりお見せしているといえるかもしれません。

以下では数式

もっとみる
結城浩です。《スキ》を送ってくださってありがとうございます!
12

物語とは何だろうか(本を書く心がけ)

※ほぼ半分を無料公開しているノートです(結城メルマガVol.017より)

「本を書く心がけ」のコーナーです。このコーナーでは、結城が本を書くときに心がけていることをお話しします。

今回は、最近結城が考えている「物語とは何だろうか」ということをお話ししようと思います。

ここ数年、結城は「数学ガール」シリーズという本を書いています。数学と物語を融合させたようなシリーズで、登場人物は本の中で数学を

もっとみる
結城浩です。いつも応援ありがとうございます。
28