日々の日記

62

今日の言葉が作るもの(日々の日記)

先日、たまっているメールを整理していました。

すると、未読メールの中に「結城さんは偽善者です」という主旨のメールが二通ほど見つかりました。

メールの要点はこうです。

 結城さんがよく書く「愛に関する文章」は偽善的だ。
 結城さん自身もできないことを、他人に要求している。
 きれいごとでは世界は回らないのに。

以下は、このようなメールを結城に送りたくなった方への返信の形の文章になります。

もっとみる
結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
35

ストレスの多くは他人を動かしたいという気持ちから来る(日々の日記)

私たちが感じるストレスの多くは、

 他人を思うように動かしたい。
 しかし、他人は思うように動かない。

ということから生じているという仮説を結城は持っています。

そして同時に「他人を思うように動かす」というのは、ほぼ不可能といういえるくらい難しいことだということも思います。

ある人間が、自分の思うように動かせる可能性があるのは「自分」だけですが、それですら、すでにかなり難しいものだと思いま

もっとみる
結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
57

多様性で思うこと(日々の日記)

「多様性」という言葉を見ると、こんな聖書の言葉を思い出します。

そこで、目が手に向かって、「私はあなたを必要としない」と言うことはできないし、頭が足に向かって、「私はあなたを必要としない」と言うこともできません。それどころか、からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。(コリント人への第一の手紙12章から)

人はしばしば、相手を自分と同じ姿にしたがります。ま

もっとみる
結城浩です。《スキ》を送ってくださってありがとうございます!
28