日々の日記

62

冷凍保存された言葉

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年11月8日 Vol.241 より

結城は「誰かが言った一言」をずっと記憶していることがあります。それこそ何年も何十年も。それは、自分の中でうまく収まりどころが見つからない言葉や、理解できなかった言葉であることが多いですね。未来の自分がその謎を解いてくれることを期待して、そっくりそのまま文字通りに記憶しているのです。まるで、言葉を《冷凍保存》しておく

もっとみる
結城浩です。ありがとうございます(^^)
12

無条件の「好き」が好き!(日々の日記)

「好き」って何だろう。

わたしを楽しませなくてもいい。無理して稼がなくてもいい。かっこ悪くても構わない。

ただ、あなたに、いてほしい。そんな気持ちを「好き」と呼ぶ。

無条件の「好き」が好き。

 * * *

もしも「〇〇ができるあなたが好き」という条件を付けてしまうなら「〇〇ができなくなったあなたは嫌い」とならないかな。

「あなたの今回のテストは点数が低い。なので、今学期の成績は悪い」と

もっとみる
結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
30

桜、手元に引き寄せて(日々の日記)

※結城メルマガVol.052(2013年3月26日)より

桜の季節ですね。先週は家内といっしょに何度か「花見ランチ」をしました。要するに、おひるどきにどこかに出かけて花見をしてランチを食べるということです。

たまにはということで六本木ヒルズに出かけてランチを食べました。桜も見ましたよ。

http://instagram.com/p/XEODjDjSl2/

みなさん考えることは同じでして、も

もっとみる
結城浩です。うれしいです!ありがとうございます(^^)
14