マガジンのカバー画像

教えるときの心がけ

61
先生が生徒に、上司が部下に、先輩が後輩に、親が子供に「教える」ときはよくあります。そんなときの心がけをお届けします。
運営しているクリエイター

2014年5月の記事一覧

教師としての姿勢を生徒に伝える(教えるときの心がけ)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。 こんにちは、結城浩です。 「教えるときの心がけ」のコーナーです。 このコーナーでは、あなたが教師役として誰かに何かを「教える」ときに心がけた方がいいことをお話しします。 ●メルマガはトリガー メルマガの良い点は、あなたの手元に「定期的に届く」ことです。当たり前のことですけれどね。 本ならば、自分でその本を手に取って、開いて読む必要があります。時間をかけて読み終え、その本を閉じて本棚に戻したら、次回その本を開くの

スキ
23
有料
100