マガジンのカバー画像

教えるときの心がけ

63
先生が生徒に、上司が部下に、先輩が後輩に、親が子供に「教える」ときはよくあります。そんなときの心がけをお届けします。
運営しているクリエイター

2014年8月の記事一覧

「わかりましたか?」の効果的な使い方(教えるときの心がけ)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです(結城メルマガVol.037より) 「教えるときの心がけ」のコーナーです。 学校の先生に限らず、誰かに何かを「教える」という局面は誰にでもありますね。このコーナーではそんなときに役立つヒントを紹介しています。 今回は「わかりましたか?」という確認について。 なお、このコーナーでは、お話を進める都合上、教える人を「教師」、教えられる人(学ぶ人)を「生徒」と呼んでいます。 ●わかりましたか?教師の大事な仕事は、生徒にわか

スキ
23
有料
100