教えるときの心がけ

50
最初はいっしょに(教えるときの心がけ)

最初はいっしょに(教えるときの心がけ)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです(結城メルマガVol.041より) 「教えるときの心がけ」のコーナーです。ここでは教えるときのちょっとしたヒントをお話しします。 今日は「最初はいっしょに」というお話をします。 以下では便宜上「教師」と「生徒」という表現を使いますが、「教師」はあなた自身で、「生徒」はあなたが教える(指導する、しつける)相手だと思ってください。たとえば親が子に教えるなら教師は親、生徒は子にあたります。 ●宿題をさせる ―― 最初はいっし

20
100