見出し画像

今日の言葉が作るもの(日々の日記)

先日、たまっているメールを整理していました。

すると、未読メールの中に「結城さんは偽善者です」という主旨のメールが二通ほど見つかりました。

メールの要点はこうです。

 結城さんがよく書く「愛に関する文章」は偽善的だ。
 結城さん自身もできないことを、他人に要求している。
 きれいごとでは世界は回らないのに。

以下は、このようなメールを結城に送りたくなった方への返信の形の文章になります。

まず最初に、もしも結城の文章があなたに不愉快な思いをさせてしまったなら、どうかおゆるしください。

結城は文章を書くとき、できるだけ率直に自分の気持ちを書こうとしています。つまり「私はこう感じている。こう考えている」という内容をできるだけまっすぐに、遠回りせずに書こうと努力しています。それがあなたに不愉快に感じられたとしたら、たいへんもうしわけありませんでした。

ここからの文章は、あなたに対する結城からのお詫びが半分で、そして、言い訳が半分になります。

 * * *

結城は、人と人のコミュニケーションに非常に関心があります。

誰かが誰かに何かを伝えようとする。

 伝わったか?
 伝わらなかったか?

結城はそのことに非常に関心があります。子供のときも、そして現在でも同じように。ですから、結城がメルマガを始めるときも「コミュニケーションの心がけ」というタイトルを掲げたくなったのです。

 * * *

ここから本題。

結城はいつも、

 「愛とは自分よりも相手を優先することである」
 「相手のことをゆるしてあげましょう」
 「あなたはそのままでいいんですよ」

という文章を書きます。そのメッセージは、確かに「偽善的」といえなくはありません。

なぜ「偽善的」であるかというなら、上のようなメッセージを私は書きますが、私自身はそれをとうてい「実践」できているとは言いがたいからです。

つまり、あなたの主張、

 自分が実践できないような《愛》を他人に勧めたり、
 宣言したりするのは偽善的である

は妥当であるといえます。

しかし、私がいまこの文章を書いているのは、あなたの意見を全面的に認めることが目的ではありません。私がこの文章を書いているのは、

 自分の《理想を言葉にする》ことは大切だ

と私が思っていることを伝えたいからです。

 * * *

誰しも、特に若い人は、突っ込まれるのが嫌いです。理想を大仰にぶちあげてはみたものの、自分自身はさっぱりその理想に近づかない。自分は理想からほど遠い。そんな「理想と現実の乖離」を忌み嫌わない人はいません。特に若い人はそういうのが大嫌い。自分にこれ以上幻滅したくない。

でも、結城は思うのです。

 理想をぶちあげずに、
 理想を達成できるほど、
 理想は甘くない、

と。

理想を言葉にせずに理想を達成できた人は、人類史上どれだけいるだろうか。

自分を甘やかすのはいくらでもできる。理想を語るのではなく「なーなー」ですませるのはいつでもできる。でも、あえて。だからこそ、ぜひ。《理想を言葉にする》のは大事だと思うのです。

理想を語る。あるべき姿を述べる。こうなったらいいなという思いを紙に書く。何でもいいけれど、ともかく「現在達成されていないけれど、本来あるべき姿」を思い描き、言葉にして表現すること。それは、重要な意味を持つ。結城はそのように思います。

 理想を語れ。
 ヴィジョンを謳え。
 堂々と胸をはって。

多くの人が「そんなこと言っても、お前は何一つできてないじゃないか」とあなたに迫ってくるかもしれない。でも、こう答えればいい。

 「あなたの言う通りだ。私はまだ何一つできてない。
 でも、私が目指す理想はこれなのだ」

と。

 * * *

近視眼的な人は、言葉の役割を限定する。すなわち「現在すでに成し遂げたもののみを語れ」と主張する。結城はそれに反対だ。言葉は力を持っている。だから、どんどん「宣言」するのがいい。自分が理想とすることを宣言する。あるべき姿だと思うことを言葉にして宣言する。

逆説的にいうなら、現在達成できてないことをこそ、言葉にせよ。私は、こっちを目指すと、こっちを目指したいと宣言せよ。私が向かうべき方向はこっちだと示せ。

人は「まちがったことを言ってはまずい」と思いがちだ。「うっかりしたこと言っては恥をかく」と考え、「見当違いのことを言っては笑われる」と萎縮する。

その考え方こそまずい。言葉は言葉だ。まだ現実になっていない。だからこそ、理想を語るのだ。それを現実化するために。

世の中には批判的なこと、否定的なこと、悲観的なこと、最悪のケースばかりを言葉にしたがる人がいる。もちろん、そういう人がいてもかまわない。けれど、それと同じくらい、肯定的なこと、楽観的なこと、そして理想論を語る人がいてもいいはずだ。

 * * *

言葉はヴィジョンになる。

あなたは今日、どんな言葉を使いましたか。

あなたの口を通して、あなたがタイプする指を通して、どんな言葉を自分の外に放ちましたか。そのうちの何割が「世界はこうなってほしい」という理想だったでしょうか。

私はあなたを批判しているのでも、非難しているのでもない。私が言いたいのは、世界のひとりひとりが今日使う言葉が(言葉こそが)、明日を作り出すということ。スローガン的にいえば、

 《今日の言葉が明日を作る》

のです。あなたはそう思いませんか。世界なんて大げさな話にしなくてもいい。私の今日の言葉が私の明日を作り、あなたの今日の言葉があなたの明日を作るのです。

未来を作るのは現在にほかならない。明日を作るのは今日にほかならない。でも、今日という日にはまだ明日という時間は現実化されていない。だから今日、言葉にするのです。「明日は、こういう日になってほしい」と。

(プログラミングでもそうです。インタフェースを定めてそれを実装する。今日はまだ実装が間に合っていなくても、インタフェースとコントラクトで明日を作ろうとする。今日はO(n)の実装しかないけれど、明日はO(log n)にしてやるからね)

 * * *

私たちは、だから、自分が発する言葉にもっと耳を傾けるべきだ。自分が発する言葉に注意し、しっかりと理想を語るべきだ。

 「はじめに言葉ありき」

言葉があり、宣言があり、設計書があり、プランがあり、契約があり、走り書きのアイディアメモがある。それを核として、壮大なものが誕生する。新たな未来が生まれる。でも、はじめにあるのは言葉だ。

今日、自分が発するささやかな宣言の言葉が、数年後、数十年後に大きく開花する。

 * * *

二十数年前、結城は強い風が吹き抜ける電車のホームに立っていた。初めての本を書こうとしていて、なかなか進まなくて、

 「本を書かせてください」

と神さまに祈っていた。まわりに誰もいなかったから、大声で祈った。

言葉だ。

一冊目の本を書いているわけだから、これまで一冊も本を書いたことはない。実績と経験をこれから積むわけだから、実績も経験もない。でも、言葉にした。求める明日を言葉にした。

いまにして振り返るなら、あの祈りは私にとって、とても大切な言葉だったのだ。

 * * *

あなたは今日何を語る?

 上司への愚痴か。
 パートナーへの文句か。
 現在の自分への呪詛か。
 他者に対する思いやりの言葉か。
 すぐそばにいて自分を助けてくれる人への感謝か。
 未来へ向けての決心か。

あなたの今日の言葉が、あなたの明日を作る。

結城はそのように思います。

 * * *

#結城浩 #日々の日記 #夢 #未来 #言葉 #仕事

※結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。あなたも購読してみませんか。

https://mm.hyuki.net/m/m73f865053b52


※結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年1月5日 Vol.197より


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》を送ってくださってありがとうございます!
37
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。

こちらでもピックアップされています

日々の日記
日々の日記
  • 62本

ふだんの生活を気ままに書き綴った日記を集めたマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。