見出し画像

作品を書く人は「言い訳」をしない(文章を書く心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年7月12日 Vol.224 より

作品を書く人は、言い訳をしません。

ここでいう「言い訳」というのは「本当の言い訳」のことです。

創作者はいくらでも作品中で「見かけ上の言い訳」をします。それは作品の中に組み込まれていて、一定の効果を狙って書かれているものです。いまから書くのはそういう「見かけ上の言い訳」ではなく、作品外で作者が語る「本当の言い訳」の話です。

「本当の言い訳」というのは、作品とは別のところで「いやあ、今回は時間がなかったから……」や、「次回は頑張ります」や、「ほんとうは別の話にしたかったんですよね」のような文章をいいます。

作品を書く人は、言い訳をしません。

どうして作品を書く人は言い訳をしないかというと、読者にとって意味がないからです。だって、ほとんどの読者にはその言い訳は届かないから。

言い訳というのはメタ情報です。情報に関する情報。作品自体ではなく、作品を補足するための情報です。ほとんどの読者には、作品として提示された情報しか届きません(そもそも、作品すら届かないかもしれないのに)。読者にとっては、受け取った作品がすべてです。読者は、作品を通じて理解し、判断します。それは、当然のことです。

作品がすべてなんだから、作品を書く人は、言い訳をしません。

 * * *

むかしむかしのこと。

結城が生まれて初めてコンピュータ雑誌に原稿を書き始めたとき、用事があって編集部にいきました。そのとき担当の若い女性編集者から二つのことを教えられました。

一つは、自分が編集部で食べたお弁当の箱は自分でゴミ箱に捨てること。もう一つは、文章を書くとき一部の読者にだけ通じる「内輪受け」を書かないこと。いまでもよく覚えています。

この二つ、言い換えると「馴れ合うな」ということです。出版社と読者に対して親しくなるのはかまわない。しかし、悪い意味で「馴れ合うな」ということです。

 * * *

別の編集者から、こんな話を聞いたことも思い出します。

「作品を書いてひとさまに見せてお金を取るなら、《セミプロ》を名乗るな。《セミプロ》ではなく《プロ》であれ」

そんな言葉を聞いたことがあります。その編集者によれば「セミプロを名乗ると甘えが出る」とのこと。「自分はセミプロだよ」といえば、アマチュアに軽く自慢ができるし、その一方でプロからの厳しい指摘を回避する「言い訳」になりかねない。だから、セミプロを名乗らずプロであれ、とその編集者はいいました。

一理あるアドバイスだと思います。

そのアドバイスにより、結城はセミプロを名乗ったことがありません。まあ、プロでございといったこともありませんけど……あったかな? 「アマチュアなのでご勘弁」とはよくいいますね(←ダメじゃん!)。

 * * *

軽口はさておき。

結城は、仕事をする上で、他人をできるだけ気にしないようにしています。

他人の活躍をうらやんだり、他人の失敗や苦労を喜んだり、そんなあさましい気持ちにならないようにと心がけています。むしろ逆です。自分よりも活躍している人を見たら喜び、うまくいってる人をほめたたえるようでありたいと願います。それは、よい世界を味方にすることに通じるからです。

あるべき姿で活躍している人に拍手する。思いがけずつらい思いや、痛みを覚えている人のために祈る。それは、誰にも見えない《自分の中の小さな気持ち》かもしれません。

でも、自分という存在は、その《自分の中の小さな気持ち》がたくさん集まったものなのです。ちょうど、一秒がたくさん集まって一年を作り、一年がたくさん集まって一生を作るように。

 * * *

濁りに濁ったソウルジェムで、綺麗な歌が歌えるか。

意地汚い心を良しとして、正しい道を語れるか。

つい怒ったり、つい妬んだりするのはしょうがない。でも、怒り続けるな。妬み続けるな。継続とは、自分の意志であり、自分の選択だから。

つい「言い訳」してしまうのはしょうがない。でも、作品を書くたびに「言い訳」し続ける選択を、私はしたくない。

結城は、そんなふうに思っています。

 * * *

以上「文章を書く心がけ」のコーナーでした。

結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。あなたも購読してみませんか。

https://mm.hyuki.net/m/m73f865053b52

#結城浩 #文章を書く心がけ #執筆 #文章 #仕事 #プロ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。うれしいです!ありがとうございます(^^)
49

結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

文章を書く心がけ

文章を書くときのちょっとした心がけやヒントをお伝えするマガジンです。
7つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。