見出し画像

わが恋をしのびかねてはあしひきの山たちばなのいろに出でぬべし

#紀友則 (きのとものり) #古今和歌集 668 #jtanka #短歌 #恋

恋心を隠しておくことができなくて、私の慕う気持ちは山たちばなの赤い色のようにはっきりと表に現れてしまうでしょう。

「あしひきの」は「山」の枕詞。

「いろに出づ」は「内にある気持ちが、ふるまいや表情などを通して外に現れる」の意味。

「いろ」は「色」と「表情・そぶり・顔色」の二つの意味を掛けています。496も参照。

「しのぶ」という単語は「忍ぶ」(がまんする)と「偲ぶ」(ひそかに慕う)があり、奈良時代には発音も活用も異なる二語でしたが、平安時代に同音になったことで混同され、それぞれに活用を二種類持つようになりました。

わがこひを しのびかねては あしひきの やまたちばなの いろにいでぬべし
わがこいを しのびかねては あしひきの やまたちばなの いろにいでぬべし

※アイキャッチ画像は山たちばな(ヤブコウジ)ではなく、ナナカマド(Rowan Berry)です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
23

結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

古今和歌集を読む

古今和歌集(こきんわかしゅう)から親しみやすい歌を読みます。やさしい解説付き。ちょっぴり優雅な言葉の時間をあなたに。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。