見出し画像

おばあちゃんの思い出(教えるときの心がけ)

結城は小学生のころ「二進法」を覚えた。

十進法と違うような、それでいて同じような、そんな計算が楽しくて、紙にたくさん計算を書いて遊んでいた。

あるとき、祖母に「ここが2の位だよ」と得意げに教えた。十進法では1の位、10の位、100の位、1000の位になるけれど、二進法では1の位、2の位、4の位、8の位になる。

二進法を知らない祖母は、十進法の感覚で、

「浩ちゃん、2の位なんてないんだよ」

と私をたしなめかけた。しかし、その直後、祖母は「はっ」とした顔になり、

「いや、おばあちゃんにはわからないけど、おもしろい話なのかもしれないね」

と言い直した。そして結城のつたない説明を熱心に聞いてくれた。

孫が楽しそうに、しかも意味ありげなことをしている。そんなときに、自分がよくわかっていないことを不用意に誤りと断じないようにしよう、祖母はそう思ったのだろう。

自慢のおばあちゃんである。

 * * *

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年1月19日 Vol.199 より

結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。あなたも購読してみませんか。

天国のおばあちゃん、二進法の本を書いたよ!

#結城浩 #教えるときの心がけ #二進法 #おばあちゃん


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。ありがとうございます(^^)
28
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。

こちらでもピックアップされています

教えるときの心がけ
教えるときの心がけ
  • 45本

先生が生徒に、上司が部下に、先輩が後輩に、親が子供に「教える」ときはよくあります。そんなときの心がけをお届けします。