Mekorama(メコラマ)(結城浩のゲーム紹介)

Mekorama(メコラマ)はマインクラフト風の世界で、よたよた歩く一つ目のロボットを出口まで導くというパズルゲームです。

◆Mekorama by Martin Magni

以前Odd Bot Outというゲームを結城メルマガで紹介しましたが、Mekoramaの作者はあのゲームと同じMartin Magniです。

◆Odd Bot Out by Martin Magni

ゲームの様子は、こちらの動画で見ることができます。

◆Mekorama紹介動画

結城はアクションゲームやスピードを競うゲームが苦手で、複雑に組み合わされた謎を解くようなゲームが好みです。このMekoramaは、タイミングをはかる要素が少ないので、たいへん楽しめました。

さらにMekoramaは、自分で新たなゲーム画面を作ることもできます。そしてそれをTwitterなどでシェアし、他の人に解いてもらうこともできます。画像ファイルをシェアするだけで、実際に機能するゲーム画面をシェアできるのはいい仕組みですね(QRコードを利用)。

結城はこれまでに、20個以上のゲームを作りました。作ったゲームは、以下のリンクからたどれます。

Mekoramaはゲームなのですが、簡単な物理シミュレーションのように使うこともできます。たとえば、以下のゲーム(?)は、素数を見つけるエラトステネスの篩を模して作ったものです。

◆Mekoramaで作ったエラトステネスの篩

動画で見たらこんな感じです(一瞬で終わりますが)。

◆Mekoramaで作ったエラトステネスの篩(動画)

Mekorama楽しいですよ。

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年6月7日 Vol.219 より

 * * *

結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。あなたも購読してみませんか。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
10

結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

結城浩のゲーム紹介

私が楽しんだiPhoneのゲームを紹介します。パズルゲームが多いですね。