トラブルを受け止める態度(仕事の心がけ)

仕事をしていると、日々さまざまなトラブルが起きます。

トラブルが起きるのは、ある意味ではチャレンジをしているともいえます。その点では、自分をほめてもいいですが、だからといってトラブルがつらくないわけじゃないですね。

トラブルは、どんな態度で受け止めればいいのでしょう。

 * * *

最近の結城のお気に入りは、

 「まあ、そういうこともあるよね」

という受け止め方です。ほんとに声に出して「そういうこともあるさ」と言う場合もあります。

これは、トラブルを日常の一コマとして受け入れる態度ともいえます。毎日、いろんなことが起きるんだから、「まあ、そういうこともあるよね」と受け止めるのです。

 * * *

もう一歩踏み込んで、

 「このことにも意味はあるのだ」

と考えてみることもあります。

結城は「人生は無駄はない」とつねづね思っています。たとえ自分には意味がわからなくても、人生にはきっと無駄はなくて、いまの自分の目にはトラブルに見えることであっても、私に必要なことはたくさんあるのではないでしょうか。そんなふうに思うのです。

もしもトラブルに見えることが全部消えたら自分は幸せでしょうか。いや、そうとは限りません。ですから、

 「このことにも意味はあるのだ」

と考えてみようという態度です。

 * * *

思い切って、もう一歩踏み込んで、

 「むしろ、これこそが私を支えてくれるのかも」

という考えを試みることもあります。

トラブルは自分を邪魔するものじゃなくて、逆に自分を支えてくれるものなのかもという考え方です。

トラブルを日常の一コマとして受け入れるだけじゃなく、トラブルにも意味があると認めるだけでもなく、もう一歩前向きにとらえてみるのです。

トラブルに見える「これ」こそがカギじゃないのか。私が現状からさらなる飛躍を果たすカギ、新たな突破口を見出すカギが、このトラブルに見える状況の背後にあるのではないか。

いま、ここにどう対処するかによって、私の新しい強みが見出されるのではないか。

いまは、何がどうなっているかわからない。いくら考えても、ただのトラブルにしか見えない……いや、「これ」こそが、私を支えてくれるのかもしれない。支えているのかもしれない。

 * * *

そこまで考えると視野がぐんと広がる。ワクワクしてくる。

ここには《謎》があるからだ。

《謎》を解こう。

この、トラブルのように見える状況の《謎》を解いてやろう

《謎》を解くのは、解けるのは、世界中で私一人だ。

いつも喜び、たえず祈り、すべてに感謝しよう!

結城は、そんなふうに思っています。

 * * *

結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。あなたも購読してみませんか。

#結城浩 #仕事の心がけ #仕事 #トラブル #人生 #飛躍

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2015年7月7日 Vol.171 より


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
17

結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

仕事の心がけ

仕事をするときにちょっと心に留めたいことを集めていきます。いわゆるお仕事だけではなく自分の活動全般に役立つヒントです。