仕事の心がけ

44

オファーを引き受けるかどうか判断する三つのポイント(仕事の心がけ)

フリーランスで活動をしていると、仕事のオファー(仕事の依頼)がやってくることがあります。仕事がなければ生活できませんから、仕事のオファーがやってくることはたいへん感謝なことです。自分の活動に注目してくれる方がいて、仕事をしてもらいたいと思っているというのはありがたいですね。

それはそれとして、時間も能力も有限ですのですべてのオファーを引き受けることは不可能です。すなわち必然的に、ある仕事は受け、

もっとみる
結城浩です。うれしいなあ……感謝!(^^)
13

就活に向けて「自分の得意なもの」を判断したいが、どうしたらいいかわからない(仕事の心がけ)

質問

学部三年の者です。

結城さんは「自分の得意なもの」を判断する基準は何だとお考えですか。

そろそろインターンを含む就活や院進を意識して動かないといけないのですが、将来何をしたいのか決まりません。

「何もしたくない」のではなく「やりたいことや興味関心のある分野が多すぎて決められない」という状態です。

そこで「自分の得意なもの」 を基準に考えてみようとしたところ、今度は自分の得意なことと

もっとみる
結城浩です。うれしいです!ありがとうございます(^^)
24

会社員二年目、受け身の人生から抜け出すために「自分のしたいこと・できること」を探したい(仕事の心がけ)

質問

自分のしたいこと・できることを模索している会社員二年目です。

結城さんに、自分のしたいこと・できることの探し方を聞いてみたいです。

話が少し長くなってしまうのですが、自分は中学生・高校生のころ無造作に本を読むことが好きで、その中に「数学ガール」もありました(夢中で読んでます。ありがとうございます)。

大学も数学科を目指していました。ただ実際の進路では当時のクラス担任にいわれるがまま、

もっとみる
結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
32

チームで仕事をする上で大切なこと(仕事の心がけ)

質問

チームで一緒に仕事をする上で「大切なこと」は何でしょうか。

回答

ご質問ありがとうございます。

チームで一緒に仕事をする上で大切なことは大きく二点あります。

(1)チームのゴールを理解すること。
(2)チームメンバーの役割と多様性を理解すること。

この二点です。

「チームのゴールを理解すること」というのは、言い換えるなら「チームが存在する意味を考えること」ともいえるでしょう。

もっとみる
結城浩です。《スキ》を送ってくださり感謝。はげみになります!
36

変化が激しい分野ですぐに古くなる知識をどう学ぶか(仕事の心がけ)

質問

コンピュータ関連の技術では、勉強した知識がすぐに古くなって役に立たなくなるものが多い印象があります。

結城さんは、コンピュータ関連のことで「必要だから勉強するけど、本音をいえば、すぐに古くなってしまうから勉強したくない」と思うことはありますか。

もしそう思うことがあるなら、その気持ちにどう折り合いをつけていますか。教えていただけるとうれしいです。

結城浩の「コミュニケーションの心がけ

もっとみる
結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
27

大きなビジョンを描けなくても(仕事の心がけ)

先日、ネットの某所で「自分のやりたいこと」を挙げるというのがブームになったことがありました。

そのときに結城も「自分のやりたいこと」を書こうと思ったのですが、そこでふと考え込んでしまいました。

改めて考えてみると、自分は長期的な展望や大きなビジョンを描くことがほとんどなかったからです。せいぜい「今年はこんな本を書こう」くらいしか頭に浮かびません。他の人はいろいろ「自分のやりたいこと」を書いてい

もっとみる
結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
42

「核になるもの」を見つける(仕事の心がけ)

自分の活動で「核になるもの」を見つける話をしましょう。

結城は『数学ガール』をはじめとする本を書くのが仕事なので、自分の本に関する話をします。でも、きっと、あなたご自身の「核になるもの」を考えるきっかけになると思います。

「伝えること」は核になる

「本を書く」とは、読者に何かを伝えることです。本にとって「核になるもの」は、読者に伝えるその「何か」のことです。

結城はその「何か」を、《読者に

もっとみる
結城浩です。うれしいなあ……感謝!(^^)
37

あふれそうなときの心の健康法(仕事の心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2017年3月21日 Vol.260 より

はじめに

最近、家庭の事情により、仕事に掛けられる意識や時間がだいぶ減っています(注:この文章は2017年に書かれたものです)。

自分の思うように仕事が進められないというのは、イライラの原因にもなりますし、不安にも結びつきやすいです。

けっこうつらい状況だな、と考えていたとき、結城は自分が以前書いていた「プロ

もっとみる
結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
17

見えている風景の違い(仕事の心がけ)

会社に勤めていた時代の、ちょっとした話です。

あるときAさんが、同じ部署のBさんについて愚痴を語りました。

【Aさんの発言】
Bさん、いるでしょ? Bさんがからむ仕事って、いつもやっかいなことになるんですよね。売上的には重要な仕事なのに、ぐだぐだになって「こんなのどうするんだ」みたいな案件になることが多くて……わたしだったら、あんな仕事の仕方はしないなあ。

私は、確かにそうかもしれない、と私

もっとみる
結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
28

過程と成果のどちらを評価?(仕事の心がけ)

仕事を何か実行したときには、実行しっぱなしではなく、何らかの評価をしてフィードバックするのはよいことです。

ところで、仕事を評価するときには、

 ・仕事の過程
 ・仕事の成果

のどちらを評価すべきでしょうか。

 * * *

「過程」というのは、その仕事をどのように進めたか、どのようなやり方で実行したかを意味しています。過程というのはプロセスと呼んでもいいですね。

それに対して、「成果」

もっとみる
結城浩です。うれしいです!ありがとうございます(^^)
22