本を書く心がけ

41

繰り返しに耐える作品(本を書く心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年9月20日 Vol.234 より

「繰り返しに耐える作品」について書きます。

作品を書くとき、作者はいろんなことを考えます。何を考えるかは、もちろん作者によって異なるでしょう。

 「たくさんの人に読んでもらいたい」
 「こんな人に感動を与えられれば」
 「とにかく売れればいいや」

などなど。その中で、今回結城が書きたいのは

 「繰り返しに耐

もっとみる
結城浩です。おともだちにもぜひ教えてね!
6

一番《こわい》ことを書け(本を書く心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年12月6日 Vol.245 より

本を書くには、まず本を書け

結城はときどき「どんなことをやれば本が書けるようになりますか」という質問メールをいただきます。そうですね、ざっくりいって、頻度は月に一回くらいでしょうか。質問メールを送ってくださるのは、結城のプログラミングの本や、数学ガールを読んでいる読者さんが多いです。ありがたいことですね。

「ど

もっとみる
結城浩です。うれしいなあ……感謝!(^^)
19

テキストを介した信頼(本を書く心がけ)

ここ十年ほど数学読み物を書き続け、十数冊の本を上梓しての知見の一つを書きます。それは「数学をできるだけ正しく描く努力をし、学ぶ喜びと困難を表現することができれば、数式がたくさん出てきても、安易な面白みを追求しなくても、専門家を含むたくさんの方が応援してくださる」ということです。

数学の面白さは、数学そのものの中にあります。だから、数学をきちんと書くことができるなら、わずかでもその面白さを描くこと

もっとみる
結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
20
00:00 | 00:30

「本を書いてみたい」という気持ちを持っているあなたへのメッセージです。

◆結城メルマガ
https://bit.ly/hyuki-mm

◆本を書く心がけ
https://mm.hyuki.net/m/m715a102cda18

結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
19

エゴサーチで傷つかない?(本を書く心がけ)

質問

結城先生は、苦情を言われたり、エゴサで傷ついたりしないのですか。どうやって心を守っておられるのか知りたいです。

解答

ご質問ありがとうございます。

まず基本的な話として、普通の強さの心を持っていて、著作をする人はエゴサーチ(自分の名前や作品名で検索し反応を調べること)は、しない方が無難といえば無難です。文章を書く人は繊細で敏感な心を持っている人が多いですので、読者さんの反応に対して、

もっとみる
結城浩です。《スキ》を送ってくださり感謝。はげみになります!
27

執筆原稿のバージョン管理とは何ですか(本を書く心がけ)

質問

先日、結城先生のTwitterを見ていたら、原稿のバージョン管理をしているというツイートがありました。

文章を書くことに興味はあるのですが「原稿をバージョン管理する」とはどういうことなのか、さっぱりわかりません。

どういうことなのか教えていただけませんか。

回答

ご質問ありがとうございます。

原稿のバージョン管理というのは、自分で長めの文章を書いたことがないと実感としてわかりにく

もっとみる
結城浩です。いつも応援ありがとうございます。
27

連載から書籍を作るということ(本を書く心がけ)

※ほぼ半分を無料公開しているノートです(結城メルマガVol.054より)

こんにちは、結城浩です。

「本を書く心がけ」のコーナーです。

このコーナーでは、結城が本を書くときに考えていることをお話しします。

今回は「連載から書籍を作る」ということについて。

結城はライターを始めてから何度も「連載から書籍を作る」ということをやってきました。現在は少なくなりましたが、以前はたくさんのコンピュー

もっとみる
結城浩です。《スキ》を送ってくださり感謝。はげみになります!
14

書籍の品質を向上させる「読み合わせ」の進め方(本を書く心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2012年10月9日 Vol.028より

こんにちは、結城浩です。

「本を書く心がけ」のコーナーです。

このコーナーでは結城の書籍執筆経験から大切だと思うことをお話しします。

先日、いま出版を予定しているある本の編集部で「読み合わせ」を行いました。

今日は「読み合わせ」についてお話ししましょう。

「読み合わせ」というものを、どこの編集部でも行ってい

もっとみる
結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
20

物語とは何だろうか(本を書く心がけ)

※ほぼ半分を無料公開しているノートです(結城メルマガVol.017より)

「本を書く心がけ」のコーナーです。このコーナーでは、結城が本を書くときに心がけていることをお話しします。

今回は、最近結城が考えている「物語とは何だろうか」ということをお話ししようと思います。

ここ数年、結城は「数学ガール」シリーズという本を書いています。数学と物語を融合させたようなシリーズで、登場人物は本の中で数学を

もっとみる
結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
28