本を書く心がけ

51

自分の作品の価値がどこにあるのかわからない(本を書く心がけ)

質問

こんにちは。

クリエイタとして「自分の作品の価値」を磨きましょう、それを言葉にしましょう、と言われます。しかし、自分の作品のどこに価値があると認められているのか、正直よくわかりません。

ネット上に作品を出すと、30~50回ほど見に来ていただいてるようなので、惹かれるところがないわけではないと思います。

ただ、何を求めていらしているのかがわからなくて「磨く方向に迷う」といいますか……

もっとみる
結城浩です。《スキ》を送ってくださり感謝。はげみになります!
8

書くまでは、書かれていなかったのだ - 著者として[世界を変えた書物]展で思ったこと(本を書く心がけ)

結城浩のメールマガジン 2018年11月6日 Vol.345 より

上野の森美術館で開催された[世界を変えた書物]展に行ってきたのでそのことを書きます。本を書く身としての、ごく素朴な感想です。

[世界を変えた書物]展はK.I.T.金沢工業大学、上野の森美術館主催による「本」に関する展覧会です。東京展は2018年9月8日〜24日に開催されました。

この展覧会を、結城のまわりの人たちが「見に行き

もっとみる
結城浩です。ありがとうございます(^^)
9

いま、書こう!(本を書く心がけ)

結城は、調べ物や確認のために「数学ガール」シリーズを読み返す場合があります。その際に「現在の私にこれは書けないなあ」とよく感じます。数学の内容にせよ、彼女たちの振る舞いや心の動きにせよ、「いまの自分には書けない」と思うのです。

「書けない」といっても、それに対して「悲しい」や「悔しい」と感じているのではありません。むしろ逆です。私は「ああ、私は、そのときにしか書けないことをちゃんと本としてまとめ

もっとみる
結城浩です。おともだちにもぜひ教えてね!
30

どうやって「自分が書きたいもの」をみんなが読みたくなるようにするのか(本を書く心がけ)

質問

私は「みんなが読みたいもの」と「自分が書きたいもの」とをすりあわせるのが苦手です。

結城さんはどうやって「自分が書きたいもの」をみんなが読みたくなるようにしていますか。

ぜひ教えてください。

結城浩のメールマガジン 2018年6月26日 Vol.326 より

回答

ご質問ありがとうございます。

たいへん興味深いテーマですので、じっくりお話しさせてください。

結城がどんなふうに

もっとみる
結城浩です。《スキ》を送ってくださってありがとうございます!
19

文章力をつけたい!(本を書く心がけ)

質問

『数学ガール』とても楽しませて貰っております。

ところで、数学の内容はともかく私が気になるのは先生の文章力です。

理系の私は文章力が皆無なのですが、実は本を書いてみたいな〜なんて思うこともあります。

どうしたら文章力がつくのでしょうか。

ちなみに、読書についてはかなりの量をこなしてきました。

結城浩のメールマガジン 2018年5月29日 Vol.322 より

回答

ご質問あり

もっとみる
結城浩です。いつも応援ありがとうございます!
42

遠くまで、とどくように。(本を書く心がけ)

先日、とあるお店で買い物をしました。

そのお店では、レジの人はみな「うたう」んですよ。

歌をうたうというわけではないですね。独特の音程で品物を読み上げるということです。

ニンジン〇〇え〜ん
キャベツ〇〇え〜ん
トマト二点で○○え〜ん

のように。しかも、ある特定の個人がうたうのではなく、レジの人がみんな、同じ音程でうたうんです。

そんな話をツイートしていたら、@uni1000yama100

もっとみる
結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
17

嫉妬の感情と執筆の動機(本を書く心がけ)

質問

同じ業種の他の人が成功しているのを見聞きしたとき、嫉妬や後悔を抱くことはありますか。

回答

正直に書きますが、他の人が成功しているのを見て、嫉妬や後悔を感じることは滅多にありません。

いま「そういう状況ってあったかな?」と思い出そうとしてみましたが、思い出せませんでした。

「ああ、こうすればよかった!」と後悔することはたまにあります。でもそれは自分の判断ミスを後悔している状況であっ

もっとみる
結城浩です。うれしいなあ……感謝!(^^)
22

繰り返しに耐える作品(本を書く心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年9月20日 Vol.234 より

「繰り返しに耐える作品」について書きます。

作品を書くとき、作者はいろんなことを考えます。何を考えるかは、もちろん作者によって異なるでしょう。

 「たくさんの人に読んでもらいたい」
 「こんな人に感動を与えられれば」
 「とにかく売れればいいや」

などなど。その中で、今回結城が書きたいのは

 「繰り返しに耐

もっとみる
結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
5

一番《こわい》ことを書け(本を書く心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年12月6日 Vol.245 より

本を書くには、まず本を書け

結城はときどき「どんなことをやれば本が書けるようになりますか」という質問メールをいただきます。そうですね、ざっくりいって、頻度は月に一回くらいでしょうか。質問メールを送ってくださるのは、結城のプログラミングの本や、数学ガールを読んでいる読者さんが多いです。ありがたいことですね。

「ど

もっとみる
結城浩です。《スキ》を送ってくださり感謝。はげみになります!
17

テキストを介した信頼(本を書く心がけ)

ここ十年ほど数学読み物を書き続け、十数冊の本を上梓しての知見の一つを書きます。それは「数学をできるだけ正しく描く努力をし、学ぶ喜びと困難を表現することができれば、数式がたくさん出てきても、安易な面白みを追求しなくても、専門家を含むたくさんの方が応援してくださる」ということです。

数学の面白さは、数学そのものの中にあります。だから、数学をきちんと書くことができるなら、わずかでもその面白さを描くこと

もっとみる
結城浩です。ありがとうございます(^^)
23