結城浩

本を書く生活が来年で30年。著書は今年で60冊。『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』『Java言語で学ぶデザインパターン入門』他。2014年度日本数学会出版賞受賞。https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c

メンバーシップに参加

結城浩の活動をご支援してくださる方むけのメンバーシップです。 ご支援感謝です! ■特典とプラン ・特典は「作業ログ閲覧」と「Web連載読み放題」の二種類です。 ・プランは200円、500円、1000円の三種類です。 ・200円プランの特典は「作業ログ閲覧」です。 ・500円プランの特典は「作業ログ閲覧」と「Web連載読み放題」です。 ・1000円プランの特典は500円プランと同じです。 ■特典「作業ログ閲覧」 ・「作業ログ閲覧」は、結城浩が毎日リアルタイムで更新している「結城浩の作業ログ」を読める特典です。 ・「結城浩の作業ログ」は今月分と先月分を読めます。二ヶ月以上さかのぼって読むことはできません。 ・アクセス情報は毎日掲示板に投稿されます。 ■特典「Web連載読み放題」 ・「Web連載読み放題」は、数学物語「数学ガールの秘密ノート」の公開されているWeb連載記事すべて(360本以上)を全文読めるようになる特典です。 ・Web連載読み放題の最新情報は https://girlnote.hyuki.net/membership です。

「結城浩の作業ログ」200円プラン

¥200 / 月 初月無料

「Web連載読み放題」+「結城浩の作業ログ」500円プラン

¥500 / 月

「Web連載読み放題」+「結城浩の作業ログ」1000円プラン

¥1,000 / 月

結城浩

本を書く生活が来年で30年。著書は今年で60冊。『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』『Java言語で学ぶデザインパターン入門』他。2014年度日本数学会出版賞受賞。https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c

メンバーシップに加入する

結城浩の活動をご支援してくださる方むけのメンバーシップです。 ご支援感謝です! ■特典とプラン ・特典は「作業ログ閲覧」と「Web連載読み放題」の二種類です。 ・プランは200円、500円、1000円の三種類です。 ・200円プランの特典は「作業ログ閲覧」です。 ・500円プランの特典は「作業ログ閲覧」と「Web連載読み放題」です。 ・1000円プランの特典は500円プランと同じです。 ■特典「作業ログ閲覧」 ・「作業ログ閲覧」は、結城浩が毎日リアルタイムで更新している「結城浩の作業ログ」を読める特典です。 ・「結城浩の作業ログ」は今月分と先月分を読めます。二ヶ月以上さかのぼって読むことはできません。 ・アクセス情報は毎日掲示板に投稿されます。 ■特典「Web連載読み放題」 ・「Web連載読み放題」は、数学物語「数学ガールの秘密ノート」の公開されているWeb連載記事すべて(360本以上)を全文読めるようになる特典です。 ・Web連載読み放題の最新情報は https://girlnote.hyuki.net/membership です。

  • 「結城浩の作業ログ」200円プラン

    ¥200 / 月 初月無料
  • 「Web連載読み放題」+「結城浩の作業ログ」500円プラン

    ¥500 / 月
  • 「Web連載読み放題」+「結城浩の作業ログ」1000円プラン

    ¥1,000 / 月

ウィジェット

  • 商品画像

    Java言語で学ぶデザインパターン入門第3版

    結城 浩
  • 商品画像

    数学ガールの物理ノート/ニュートン力学

    結城 浩
  • 商品画像

    数学ガールの秘密ノート/式とグラフ (数学ガールの秘密ノートシリーズ)

    結城 浩
  • 商品画像

    数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫)

    結城 浩
  • 商品画像

    数学ガール (数学ガールシリーズ 1)

    結城 浩

マガジン

  • 結城メルマガ

    数学青春物語『数学ガール』の著者《結城浩》が、文章の書き方、書籍の執筆、教え方と学び方、仕事への取り組みについてやさしくお話します。毎週火曜日配信。登録初月は無料です。

  • 告知情報

  • コミュニケーションのヒント

    会社で家庭で学校で…コミュニケーションはどこでも必要なもの。ちょっとしたヒントをお届けします。

  • 人生を歩む

    誰しも「どんなふうに生きていこうか」と思うことがあるものです。答えがポンと出てくるわけじゃありませんけれど、あれこれ悩みつつ、日々を歩んでいきましょう。そんな文章をまとめたマガジンです。

  • 学ぶときの心がけ

    学校はもちろんのこと、生活や仕事の中にも「学ぶ」場面はたくさんあります。そんなときに心がけたいちょっとしたことをお話しします。

記事一覧

片付けが苦手/デザインパターンの学び方/「できない」と言えない/自分のいやなところを他人から指摘されたとき/作業ログを書…

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2020年9月1日 Vol.440 目次・片付けが苦手 ・デザインパターンの学び方 - 学ぶときの心がけ ・自分のいやなところを他人から指摘…

216
結城浩
2年前

#結城浩の作業ログ を毎日配信しています。ひと月200円。添付画像は作業ログからの抜粋。
https://log.hyuki.net

結城浩
2年前

今日の私が紡ぐ言葉(日々の日記)

よく晴れた日の午後、私は散歩しながらこんなことを考えていました。  * * * たとえば、道に咲いている花を見ます。「ああ、きれいだな」と思います。 たとえ、似…

結城浩
2年前

#結城浩の作業ログ を毎日配信しています。ひと月200円。
https://log.hyuki.net
現在は「数学ガールの秘密ノート」の第14冊目の第5章が佳境。作業ログはesaのWebページとして購読者に示されます。更新は毎日リアルタイム。あなたもいかが?

結城浩
2年前

あふれそうなときの心の健康法(仕事の心がけ)

はじめに最近、家庭の事情により、仕事に掛けられる意識や時間がだいぶ減っています(注:この文章は2017年に書かれたものです)。 自分の思うように仕事が進められないと…

200
結城浩
2年前

自分らしく生きなければならないという呪い

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2017年3月14日 Vol.259 より 自分らしく生きなければならないという呪いある朝、私は「自分らしく生きなければならないという呪い…

200
結城浩
2年前
片付けが苦手/デザインパターンの学び方/「できない」と言えない/自分のいやなところを他人から指摘されたとき/作業ログを書く自分専用Webアプリesappを作る(3)/

片付けが苦手/デザインパターンの学び方/「できない」と言えない/自分のいやなところを他人から指摘されたとき/作業ログを書く自分専用Webアプリesappを作る(3)/

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2020年9月1日 Vol.440

目次・片付けが苦手
・デザインパターンの学び方 - 学ぶときの心がけ
・自分のいやなところを他人から指摘されたとき - コミュニケーションのヒント
・作業ログを書く自分専用Webアプリesappを作る(3)
・「できない」と言えない - コミュニケーションのヒント

はじめに結城浩です。

いつもご愛読ありがとうございます

もっとみる

#結城浩の作業ログ を毎日配信しています。ひと月200円。添付画像は作業ログからの抜粋。
https://log.hyuki.net

今日の私が紡ぐ言葉(日々の日記)

今日の私が紡ぐ言葉(日々の日記)

よく晴れた日の午後、私は散歩しながらこんなことを考えていました。

 * * *

たとえば、道に咲いている花を見ます。「ああ、きれいだな」と思います。

たとえ、似たような花を過去に見たことがあったとしても、きれいな花は何度見てもきれいです。

「数学」も、それに似ているところがあります。

結城は「数学ガール」という物語を書いています。私が書く物語に出てくる数学は、それほど難しいわけではありま

もっとみる

#結城浩の作業ログ を毎日配信しています。ひと月200円。
https://log.hyuki.net
現在は「数学ガールの秘密ノート」の第14冊目の第5章が佳境。作業ログはesaのWebページとして購読者に示されます。更新は毎日リアルタイム。あなたもいかが?

あふれそうなときの心の健康法(仕事の心がけ)

あふれそうなときの心の健康法(仕事の心がけ)

はじめに最近、家庭の事情により、仕事に掛けられる意識や時間がだいぶ減っています(注:この文章は2017年に書かれたものです)。

自分の思うように仕事が進められないというのは、イライラの原因にもなりますし、不安にも結びつきやすいです。

けっこうつらい状況だな、と考えていたとき、結城は自分が以前書いていた「プログラマの心の健康」という文章を思い出しました。

この文章は、結城がプログラムの開発をし

もっとみる
自分らしく生きなければならないという呪い

自分らしく生きなければならないという呪い

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2017年3月14日 Vol.259 より

自分らしく生きなければならないという呪いある朝、私は「自分らしく生きなければならないという呪い」について考えていました。

そんなことを考えたきっかけはよく覚えていません。Webで自己啓発的な記事を見たためでしょうか。もしかしたら、学生さんからやってきた「進路に悩むメール」に返事を書いていたためかもしれません。

もっとみる