古今和歌集を読む

74
わが恋は虚しき空に満ちぬらし思ひやれども行くかたもなし(読人しらず)

わが恋は虚しき空に満ちぬらし思ひやれども行くかたもなし(読人しらず)

#読人しらず #古今和歌集 488 #jtanka #短歌 #恋 私の恋は、虚空に満ちてしまったらしい。恋心をはるかに伝えようと思うけれど、その気持ちの行く先もないのですから。 「満ちぬらし」は「満ち+ぬ+らし」。「満ち」はタ行四段活用動詞「満つ」の連用形。「ぬ」は完了の助動詞「ぬ」の終止形。「らし」は推量の助動詞「らし」の終止形。 完了の助動詞「ぬ」は自分の意志とは関係がなく何かが起きてしまったときに用います。それに対して完了の助動詞「つ」は自分の意志によって何かを起

14
恋し続けたなら必ず逢える(古今和歌集を読む)

恋し続けたなら必ず逢える(古今和歌集を読む)

たとえばこんな恋の歌。 種しあれば岩にも松は生ひにけり恋をし恋ひば逢はざらめやも これは古今和歌集の512番、読人しらずの恋の歌です。 現代語で大意を書くと次のようになります。 種があるので岩にも松は生えるのです。あなたを恋し続けたならば逢わないなんてことがあるでしょうか。いえ、そんなことはありません。 「恋し続けることで必ず逢える」という気持ちを詠んでいるものですね。古今和歌集が編まれたのは十世紀ですが、この歌のような気持ちは二十一世紀でもまったく色あせないのでは

38
今はとて君がかれなばわが宿の花をばひとり見てしのばむ

今はとて君がかれなばわが宿の花をばひとり見てしのばむ

#読人しらず #古今和歌集 0800 #jtanka #短歌 #恋 あなたが「それではね」と言って離れてしまったならば、私はたったひとりで家の花を見て、あなたのことを偲び、あなたがいないことを耐え忍びましょう。 「今は」は「今となっては」「このようになった以上は」の意味で、別れのときに使う表現。 「とて」は引用を表す格助詞。「……と言って」の意味。 「かれなば」は「かれ+な+ば」。「かれ」は下二段活用「かる」の連用形。「な」は完了の助動詞「ぬ」の未然形。「ば」は順接の

21
思ふには忍ぶることぞ負けにける色には出でじと思ひしものを

思ふには忍ぶることぞ負けにける色には出でじと思ひしものを

#読人しらず #古今和歌集 0503 #jtanka #短歌 #恋 いとしく思う心には、こらえる心が負けてしまいました。恋心は表に出すまいと思っていたのですけれどねえ。 「思ふ」は「恋しく思う」や「いとしく思う」の意味。 「ぞ……ける」は係り結び。 「忍ぶる」はバ行上二段活用の動詞「忍ぶ」の連体形。〔び・び・ぶ・ぶる・ぶれ・びよ〕 「色には出でじ」は「色+には+出で+じ」。「色に出づ」の形で「恋心が表情やそぶりとなって表に出る」の意。「出で」は下二段活用の他動詞「出

20
春雨ににほへる色も飽かなくに香さへなつかし山吹の花

春雨ににほへる色も飽かなくに香さへなつかし山吹の花

#読人しらず #古今和歌集 122 #jtanka #短歌 #春 春雨でつややかに美しい色も飽きないのに、色だけではなく香りまでも心ひかれる山吹の花ですねえ。 「にほへる色」は「にほへ+る+色」。「にほへ」はハ行四段活用「にほふ」の已然形。〔は・ひ・ふ・ふ・へ・へ〕。「る」は完了の助動詞「り」の連体形。「にほへる色」は「つややかで美しい色」のこと。 「にほふ」の「に」はもともとは「丹」で、赤い色が浮き出て目立つようすが原義で、現代の嗅覚に関わる意味はありませんでした。

17
紅の初花染めの色深く思ひし心われ忘れめや

紅の初花染めの色深く思ひし心われ忘れめや

#読人しらず #古今和歌集 723 #jtanka #短歌 #恋 初咲きの紅花で染めた色が深いようにあなたのことを深く思っていたこの心を私が忘れることがあるでしょうか。いいえ、忘れることはありません。 「紅(くれなゐ)」は紅花(べにばな)の異称。 「初花染め」は、その年初めて咲いた紅花で染めること(染めたもの)。 色が深いことと、思いが深いことを掛けています。 「忘れめや」は「忘れ+め+や」。「忘れ」は下二段活用動詞「忘る」の未然形。「め」は推量の助動詞「む」の已然

27
種しあれば岩にも松は生ひにけり恋をし恋ひば逢はざらめやも

種しあれば岩にも松は生ひにけり恋をし恋ひば逢はざらめやも

#読人しらず #古今和歌集 512 #jtanka #短歌 #恋 種があるので岩にも松は生えるのです。あなたを恋し続けたならば逢わないなんてことがあるでしょうか。いえ、そんなことはありません。 「種しあれば」の「し」は強意。 「恋をし恋ひば」の「し」は強意。「恋し続ければ」の意味。 「逢はざらめやも」は「逢は+ざら+め+やも」。「逢は」はハ行四段活用動詞「逢ふ」の未然形。「ざら」は打消の助動詞「ず」の未然形。「め」は推量の助動詞「む」の已然形。活用は〔(ま)・○・む・

12
ひと知れず思へばくるし紅のすゑつむ花のいろに出でなむ

ひと知れず思へばくるし紅のすゑつむ花のいろに出でなむ

#読人しらず #古今和歌集 496 #jtanka #短歌 #恋 人知れず思っているから苦しいのです。紅の末摘花の色のように、私の気持ちも表に出してしまいましょう。 「思へば」は「思へ+ば」。「思へ」はハ行四段活用動詞「思ふ」の已然形。「ば」は接続助詞。ここでは已然形に接続しているので順接の確定条件を表し「思うので」の意味。もしも「思はば」のように未然形に接続していたら順接の仮定条件を表し「思うならば」の意味。 「すゑつむ花」は「紅花」の異名。 「いろ」は「色」と「表

13
行く水に数かくよりもはかなきは思はぬ人を思ふなりけり

行く水に数かくよりもはかなきは思はぬ人を思ふなりけり

#読人しらず #古今和歌集 522 #jtanka #短歌 #恋 流れていく水に数を書くよりもはかないことは、私のことを思っていないあの人を思うことだなあ。 「数かく」は数を数えるために線を引くこと。 「思ふ」は恋しいと思う気持ち。「人」はわざわざ言わなくてもわかるあの人、恋しい人、思い人のこと。 ゆくみずに かずかくよりも はかなきは おもはぬひとを おもふなりけりゆくみずに かずかくよりも はかなきは おもわぬひとを おもうなりけり

20
片糸をこなたかなたによりかけてあはずは何を玉の緒にせむ

片糸をこなたかなたによりかけてあはずは何を玉の緒にせむ

#読人しらず #古今和歌集 483 #jtanka #短歌 #恋 糸でひもを編むようにあちらこちらに気持ちを動かしてみても、あなたに逢わないとするなら、いったい私は何を命として生きていきましょうか。 「片糸(かたいと)」は、よりあわせる前の細い糸のこと。 「こなた(此方)」は「こちら側」のこと。 「かなた(彼方)」は「あちら側」のこと。 「あはず」は、「合はず」(糸がより合わされないこと)と「逢はず」(私とあなたが遭わないこと)とを掛けています。 「玉の緒(たまの

10