思い出の日記

25
記事

聖書と祈りと教会と(思い出の日記)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

日曜日の午前中は教会で礼拝。

今日は「いのち」というものについて考えた。

「いのち」は「時間」といってもいい。

今日、私がここに生きているということ。

それはいのちであり、時間である。

 * * *

毎週、教会に行く。忙しくても、眠くても。

いつもいつも「信仰深い気持ち」でいるわけではない。
でも、毎週、教会に行く習慣になってい

もっとみる
結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
13

よいものを作るために(思い出の日記)

「こうなるだろう」と予想する。
「こういう作りにしよう」と設計する。
設計に基づいて、作り込む。

やがて、自分のミスを発見する。
予想を外したか。
それとも、設計を誤ったか。
いずれにせよ、そこまでに得られた経験を元にして「やりなおし」を行う。

「やりなおし」は何度も起きるだろう。
しかし、たんねんに「やりなおし」を繰り返せば、よいものになる可能性が高い。

「やりなおし」には非常に大きな欠点

もっとみる
結城浩です。いつも応援ありがとうございます。
28

暗号について次男とおしゃべりする(思い出の日記)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

次男「ねえお父さん。素数を計算するプログラムって作れるの?」

私「素数を計算するってどういう意味かな?」

次男「だから、何番目の素数っていうと、それを計算するの」

私「そうだね、作れると思うよ」

次男「でも、それってまずくない? だって、銀行なんかの暗号が解けちゃう。素数の謎が解けたら暗号も解けるんでしょ?」

私「そう簡単な話じゃな

もっとみる
結城浩です。《スキ》を送ってくださってありがとうございます!
42

自分がどれだけちゃんと勉強しているかを調べる「索引ゲーム」(思い出の日記)

今日は、自分がどれだけちゃんと勉強しているかを調べる方法の一つ「索引ゲーム」をご紹介します。

たとえば「カタラン数」でも「Javaのメモリモデル」でも「公開鍵暗号」でも何でもいいですが、自分が何かを学んだとしますよね。

そうしたら、本屋さんにいって、自分がまだ未読の関連書籍を見つけてきます。そして、自分が学んだ項目を本の最後にある「索引」から探します。見つけたら、ページを開く前にそこに何が書か

もっとみる
結城浩です。いつも応援ありがとうございます。
30

さびしさということ(思い出の日記)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

午前中は教会。イエスさまの誕生を記念する礼拝。

「さびしさ」ということについて、自動書記的に書いてみる。推敲もせず。思いつくままに。

どんな人でも、さびしさを感じるときがある。どんなにお金持ちでも、貧乏でも。たくさんの友達がいても、いなくても。年齢にかかわらず。季節によらず。

すぐにさびしさを紛らわせることができる場合もあるし、そうでき

もっとみる
結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
22

本の章立てをするということ(思い出の日記)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

今日も淡々とお勉強。試しに新しい本の「章立て」をしてみました。A4の紙、5枚分。

「章立てをする」というのはどういう作業かを説明しますね。

まず、紙を広げて「第1章」と書きます。「Chapter 1」でもいいです。そして「ええと、第1章には何を書こうかな」と考えます。これと、これと、これと、これ。という風にその章に書くことを箇条書きにしま

もっとみる
結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
41

『数学ガール』執筆当時に長男がくれたコメント(思い出の日記)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

『数学ガール・ミルカさんとテトラちゃん』〔執筆当時の仮題〕の原稿を再修正して送付しなおした。先月末のものは私の最終チェックが甘かったため。

今週は仕事の仕込みが複数個並行で発生して、たいへん忙しかった。こういうの、ちょっと珍しいなあ。でも、どの仕事で会った人にも結城は『数学ガール・ミルカさんとテトラちゃん』を宣伝している。

 * * *

もっとみる
結城浩です。おともだちにもぜひ教えてね!
13

「もっと学んでからにしよう」と思わなくて、本当によかった(日々の日記)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

いつも書いていることですけれど、自分が書いた本の再校読みは楽しい。とても楽しい。初校のざらつきがとれ、スムーズに読める。自分の書いた説明文だから、自分の頭にぴったりフィットする感じがする。とても心地よい。いや、心地よいとばかり喜んでいては校正にならないんですけれどね。とりあえず楽しいので、何度も読み返すわけです。

私の処女作が1993年の出

もっとみる
結城浩です。おともだちにもぜひ教えてね!
57

次に書く本を考えているときのこと(思い出の日記)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

次に書く本についてあれこれと考えて、楽しい時間を過ごしています。

本の校正のときは、やることがはっきりしています。原稿と向かい合うしかありません。ひたすらひたすら読む。長門結城的な毎日。 

H.Yuki> また図書館に

でも、次に書く本を考えているときは、モードがずいぶん違います。自分の心をとにかく広く広く広げる。遠くの地平線のその向こ

もっとみる
結城浩です。おともだちにもぜひ教えてね!
11

√xの定義についての対話(思い出の日記)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

先生「√xの定義は何ですか?」

生徒「xっていうのは何ですか?」

先生「ここではxは実数だとしましょうか。√xの定義は何ですか?」

生徒「√xとは、二乗してxになる数です」

先生「そうですか?」

生徒「だって、√4は2ですし、2を二乗すると4になりますよね」

先生「はい。√4は2に等しいですし、2を二乗すると4に等しくなります。で

もっとみる
結城浩です。《スキ》を送ってくださり感謝。はげみになります!
18